イラストレーターSenJ4のブログ■女性イラスト・水彩画・キャラクター・建築パース/鳥瞰図・エアブラシなどGalleryで750点以上の幅広いタッチを掲載し、イラスト制作を承り中!素材集もOK♪
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Mac OS X v10.5.8 アップデート来ました!
2009.08.06 Thursday 
OS X Leopard 


こんにちは。
レギュラー仕事の一つを終えてホッとしたところのイラストレーターSenJ4でございます。
札幌もやっと夏らしい陽気になってきましたが、暑いのは気温だけじゃなく、Mac OSもとうとう10.5.8まで来てしまいました。

今回はインストールから再起動後のFinder表示まで10分程かかりました。
ただ、表示後に恒例のメンテナンススクリプトが走ったので、かったるいですが・・・

以下、Appleサイトより詳細です。

このアップデートの新機能:

・Safari v4.0.2 が含まれています。
・Safari 4 の Full History Search の正確性が改善されました。
・システム環境設定の「ディスプレイ」パネルに特定の解像度が表示されないことがあるという問題が解決されました。
・Aperture の画像を Automator にドラッグしたときに Aperture のアクションが起動されるようになり、誤って iPhoto のアクションが起動されることはなくなりました。
・デジタルカメラから大きな写真やムービーファイルを取り込めないという問題が解決されました。
・外部装置、USB Web カメラ、プリンタによる Bluetooth の全体的な信頼性が向上しました。
起動に時間がかかる原因となっていた問題に対処しています。
・MobileMe Sync および CalDav による iCal の信頼性が向上しました。
・iDisk および MobileMe によるデータの信頼性に関する問題に対処しています。
・AFP による全体的な信頼性が向上しました。
・管理対象のクライアントによる全体的な信頼性が向上しました。
・AirPort ネットワークへの参加の互換性と信頼性が向上しました。
・同期サービスの信頼性が向上しました。
・一部の他社製カメラの RAW イメージサポート が追加されました。
・何種類かの外付け USB ハードディスクとの互換性が改善されました。
セキュリティ に関する最新の修正が含まれています。


気のせいか、Safari 4のTop Sitesと『Mail』のメールboxの表示が早くなった気が・・・気のせいか?

来月にはSnow Leopardですから、すぐにでも10.5.9のupdateもあるんでしょうねっ!?
僕はMac Proと共にSnow Leopardへ移行する予定でいますが、いつ手に入るんだか・・・
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
Spotlightのindexがオカシイので再構築
2009.04.11 Saturday 
OS X Leopard 
こんにちは。
今年の札幌は桜の開花も通年よりも早いそうです。このところかなり暖かな日々が続いてきまして、
こりゃ早くスタッドレスから夏タイヤに換えなきゃ!とタイヤ交換を終えたイラストレーターのSenJ4です。

ところで皆さんのMacのSpotlightの索引(index)は正常に作られていますでしょうか?


Spotlightはバックグラウンドで索引を作っている筈なので気がつかなかったのですが、なんかオカシイ...
Spotlightの登場からあまりに便利で毎回お世話になっていたので、もう無くてはならない機能ですが・・・

ま、確かにボクのHDDは全部合わせると総容量が1.8TBを超えてますし、ファイル数は数えきれないほど多いわけですが.....どうも最近、あるはずのファイルを検索しても、ヒットしない事が多々あったのです。
特に古いファイルだけが検索に引っかからない.....というわけでも無く、同じ日付のファイルでも検索できたりしましたが、最悪なのはファイルネームをそのままコピーして検索かけてもヒットしないんですよね。
『ん?そんなバカな.....今年の2月に作ったデータだぞ??』.....という事がかなり多くなりました。

こりゃ、indexが壊れてる?? というか、バックで動作して無いんじゃないのか....??と思ったり。
でも自力で、検索でヒットしないファイルを見つけて一旦開いて、再検索するとちゃんと出てくるんです。
動作してる.....てことは、ある期間のファイルがメタ情報のデータベースに記録されてないってことか?
ちなみにボクのHDDは全部で4つ。
外付けのHDDはいくつかのパーティションで切ってるのでボリュームとしては9つになりますが、これを全部更新させるのはかなり時間がかかるかも?....最初のindex作成時は数十時間かかった記憶がありますしね。

しかしこれはもうindexの再構築、更新するしかないのかぁ......という事で試しました。
ただし、システムの入った起動ボリュームを再構築すると、どれだけの時間がかかるか判らないので、取り急ぎは一番頻繁に使用するデータファイルのみのボリュームを更新する方がてっとり早いわけですけどね。

《 Spotlightを再構築する2通りの方法・・・》

1:ボリューム(パーティションごと)に隠されているSpotlightのindexをターミナルに以下のコマンドを入力して削除する方法▼ (※ターミナル使いたくない人は次の2の方法で)
 sudo mdutil -E / (※これは起動ボリューム)

複数のHDD所有やパーティションで区切ってる場合はそれぞれのボリュームを対象に。
 sudo mdutil -E /Volumes/対象のボリューム名/
 ※これに関してはコチラを参照→ ■虎飼い日記 その2 - 噂のSpotlightを手なずける 〜マイコミジャーナル

2:簡単な方法。システム環境設定>Spotlightのプライバシータブを開き、再構築したいボリュームを一旦 除外設定(+)にし、すぐに除外設定から取り除けば(−)自動的にSpotlightがindexを作成し始めます。

なのでボクの場合はターミナルを使わずに、2のSpotlight環境設定の除外設定ON・OFFで対処しました。
するとすぐにSpotlightが動き出しました▼





個別にしたので、100GB以上あるボリュームでもほんの数分でindex作成終了したようです。
さっそく、さっきまで検索にヒットしなかったファイルを検索してみたら、一瞬で表示されたのでホッとしています。目の前にあるファイルを検索しても表示されないのって実に不快ですからね。
体感的に検索スピードがアップしたような....気がしないでも無いですが。。
あとは、しばらく使ってみて再発症するかどうか?の確認が残っていますが、現時点ではOK。

あとから起動ボリュームのindexも更新させたんですが、やはり案の定けっこう時間がかかってます。



今回は2時間の表示が出ましたが、これはあまり当てになりませんね。実際はこれほどかかりませんでした。
結局、トータルしても以前のように数十時間もindex作成に時間がかからずに終了したので良かったです。
1年に1回くらいは再構築メンテナンスもしておいた方がMacの為にも良いのかもしれません。

ちなみにGoogle検索すると、ボクと同じような症状になられた方が結構いらっしゃるようですね。
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | trackbacks(0)
Mac(Leopard)から確定申告が可能になった!
2009.02.03 Tuesday 
OS X Leopard 
さてさて、レギュラーの仕事も終えて、今年も経理マンに変身する時期がやってきました。
もう十数年も確定申告はしているので、別に苦にはならないイラストレーターSenJ4でございますが....



最近、マカーで「Bento 2」の使用感エントリーがやたら挙がってますが、業務にも使えるんでしょうか?
私の日々の入出金データは「ファイルメーカー Pro」で自分用に作成した帳簿&申告用フォーマットがあるので、これに打ち込めば自動計算してくれるので問題ないんですが、領収書や通帳見ながらこれからデータ打ちまくりの一週間になります。これができれば、あとは決算書作成が待ってるワケで・・・あ〜面倒だわ。

《 eーTax 使いますか? 》


今の税務署では、やっとMacでも申告書類を自宅で24時間いつでも提出できるような環境になりました。
なぜ確定申告が大事かと言うと、フリーランサーの方は原稿料としてギャラを貰っているので、必ず10%の源泉所得税という税金が差し引かれます。そして決算書を作成 ⇒ 確定申告書書いて、納め過ぎの場合に還付されます。その為に必死こいてするわけですね!逆に納税しなきゃならない場合も当然ありますが・・・

税務署は盛んに電子申告「eーTax」を推進しているんですが、通常の税務署に直接提出や郵送での提出の場合、早くても1ヶ月〜2ヶ月くらいで還付金が振り込まれますが、これが約2〜3週間と超高速還付振込!に変身...らしい。素晴らしい!....といっても、自分で行なう場合は初回に色々と下準備が必要 になります。
なにせネットを通じての行政手続きをするので、本人確認の為の公的個人認証が必要になります。

私はまだ利用してませんが、なにせこれが結構面倒なんです。役所に足を運んだり、手数料もかかります。
詳しくは税務署の準備ページ か、昨年SenJ4がエントリーした記事 をご覧下さい。
「Macで「e-Tax」は利用出来るのか?」

《 Leopardでの送信に対応!
今年からは、確定申告書等作成コーナーから「e-Tax」へ申告データを送信する場合、Tigerだけでなく、ちゃんとLeopardでの送信にも対応 したようですよ!



ま、これだけMacユーザーが増えていますし、クリエイターやデザイナーはMac使用率トップですから、税務署も対応するのが当然でしょうけれどね。昨年はダメだったと言う方はお試しになられてはいかが?

税務署 平成20年分確定申告特集
公的個人認証サービス ポータルサイト

※それにしてもね、すぐ還付してもらえるのは嬉しいけど、下準備の手間がねぇ....ネックだなぁ。。
なんか、SenJ4はこのままいつまでも手書で提出するような気がしないでもない・・・メンドクサガリヤ

と言っても、昨年はSenJ4の還付が提出してから10日後♪とFireWire800接続のように早かったからなぁ、
今年も2/20までに出せば早いかもしれない......と、密かに期待しているんですが、今週中にやるぞ〜!!
青色申告の皆さんも、お互い頑張ってがっぽり還付してもらいましょぉ〜 (^-^)/ Get!



追記:書きわすれましたが・・・このコーナーを自動計算の目的で利用できます!
・所得税の確定申告書 (※還付申告)
・青色申告決算書・収支内訳書
・消費税及び地方消費税の確定申告書
・贈与税の申告書

以上の各書類で数値を入力すれば、合計金額など自動計算してくれるので、印刷するか、転記すればOK。
計算間違いを防ぐ為にも便利ですよ!

※イラストレーターなどクリエイティブな方へ
ちなみに、私の別コラム でかなり詳しく確定申告する際のノウハウ等を紹介しているので、参考にどうぞ!
最近、アクセスがやたら多いカテゴリは、皆さん《 確定申告のカテゴリ 》ばかりのようですし。
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(2) | -
My Book Studio EditionはPPCで起動不可能だと!
2009.01.29 Thursday 
OS X Leopard 
どうも!いきなり怒りのタイトルになりましたが、原因判明したイラストレーターSenJ4でございます。

で、これまで《 My Book Studio Edition 》について書いてきて、一番の謎だった起動ディスクとして認識しない件ですが、RyoさんのWestern Digital社の外部HDDはPowerPC Macには優しくなかった! のエントリーを拝見して愕然としました!
Ryoさんは500GBを2台所有されているのですが、どちらもデータ保管&バックアップ用とのこと。

私がしたかったのは現在使用中のG4 Mac(mirrored drive 1.25GHz)でのFireWire 400での起動です。
LaCieのHDDは2台とも起動可能だったのに、Western Digital社のHDDでは何故起動出来ないのか!?
HDDのパーテーションマップ形式も関係無く、G4もG5も起動不可能なワケは・・・

▼答え:
USB 2.0 and FireWire 400で起動可能な《 My Book Premium Edition 》と言う古いHDDのみ、G4やG5のPPCをサポートしてるそうです!
よくある質問/ナレッジベース (本社サイト英語表記での回答)

WD社の日本語Webサイトって、本社サイトを単に和訳したって感じのかなり不親切な分かりにくい構成になっていて(他社でもありますが)、よくある質問のページなんて英語です。
 ※下記の引用部分は和訳しました。
買う前に見たサイトのMy Book製品紹介ページにもまったく書かれていなかったのでわかりませんでした。もちろんオンラインのAppleStoreのページでも表記は無しでしたから。

質問としては『外付けHDDの、どの機種がMac上でブート可能ですか?』というもので、答えは以下▼
◆The following external hard drives are bootable on Power PC based Macintosh computers systems through FireWire (1394a/b):
以下の外部ハードディスクは、FireWire(1394a/b)によって、PowerPCベースのMacシステム上で起動可能です:
・WD My Book Premium Edition(コレはもう古い機種です)
・WD My Book Pro Edition(コレも古い機種です)

◆The following external hard drives are not bootable on Power PC based Macintosh computers systems through USB/FireWire 1394(a/b):
以下の外部ハードディスクは、USB/FireWire 1394(a/b)によって、PowerPCベースのMacシステム上で起動可能ではありません
・My Book Essential Edition
・My Book Essential Edition 2.0
・My Book Home Edition
・My Book Mirror Edition
・My Book Office Edition
・My Book Premium Edition II
・My Book Pro Edition II
・My Book Studio Edition
・My Book Studio Edition II

・My Passport Studio
・My Passport Elite
・My Passport Essential
・WD Passport
・WD Passport (Silver) 
 ※つまり、IntelMacでのみ起動可能なディスクという事です!G4もG5Macも起動不可です!
確かに、『今どき、PPCかい。IntelMac買いなよ!』と言われればそれまでです。はい。

私は2度もインストールをしたわけで、もしかしてPPCだから〜!??と疑いも持ちましたが、でも、
何故、PPCの機種だとブート出来ないのか!? G4MacでもLeopardが動く機種があるんですから。
ならば、“10.4.11、10.5.2以降で動作する”と言う表記は誤解を生むのは必至。OSでの互換性では無く、
※但し、IntelMacでのみ起動ディスクとして接続可能(FireWire・USB2.0)...のように表記してくれても良かったのではないでしょうか?説明不足でしょう。

また、“FireWire800ケーブルをFireWire400に変換するケーブルが付いている”と聞けば、PPCでもOKなんだと思ってしまいますよね。
LaCieにはこういう事はありませんが、他のHDDメーカーでもIntelMac限定などあるのでしょうか?
とてもMac専用にフォーマットしている会社だとは思えません。

もし、PPCのMacでWD社の外付けHDDを機動ディスクにしようと考えられている方がいる場合は中止してください!G4・G5Mac共に使えません。TimeMachineなどのバックアップ用途以外には。
やっぱりMacユーザーが信頼して使えるメーカーは、LaCie がなんと言っても一番なのは確実でしょう。
まだほとんどの機種が FireWire800/400に対応 してますからね。
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(6) | -
Leopardの調子が良くなったかも....?
2009.01.27 Tuesday 
OS X Leopard 
週末のインストール事件は原因不明のままで、ちょっとがっくりなイラストレーターSenJ4でございます。

《 途中経過・・・ 》
現在、快調のLaCie HDDの方にいれたG4 MacのLeopard 10.5.6 は問題なく動作しております。
やはりLaCieは安定感がある気がしますが、不具合のある2台目のLaCieは当たりが悪かったのかな....?
My Book Studio Editionは...使い込まないとまだわかりませんが、データ保存用には最適かな。

とりあえずMy Book Studio Editionの各パーティションに、不具合のあるLaCieから全てのデータを移行完了しました。かなりの時間かかりましたが、各HDDに分散して格納していたデータを今回はパーティション1ヶ所にまとめて移行できたので、さすがに1TBもあると使い勝手がありますね。

で、不具合のあった方のLaCie HDDは再フォーマットして2つのパーティションで区切ったので、モノは試しにTimeMachine用にしてみました。時間かかる話は聞いてたので試しにシステム関係をバックアップ・・・



なにせ、TimeMachineは初めて使うのでちょっと楽しみでもありますが、このHDDがまともに機能するか?見極めなければなりません。結局は以前と同じくガリガリ言い出すようなら使えないので......様子見です!
今もバックアップ続行中なのですが、とりたててガリガリ音はしてないですが・・・・時間かかってます。

《 LeopardをLaCieに入れ直して良かった事 》
一番メインの仕事用アプリであるCS2の再アクティベートも済み、以前よりは快適に.....(と言ってもLeopardに正式対応して無いのでどうだか).....使えています。で、過去のエントリー でも記しましたが、
Photoshopを起動させて作業後、何故か今までPhotoshopを終了する際に「環境設定を保存できません。必要なアクセス権がありません。」というアラート が出てきて環境設定を保存する事が出来無かったのですが、そのアラートが出てこなくなり、それまで使用していた環境設定がちゃんと保存可能になっています!
これに関しては、トラブル続きの中で唯一嬉しい出来事でした。

やはりシステムをクリーンインストールした後、10.5 ⇒ 10.5.6へ一気にアップデートをしたのが功を奏したのか、それまではアップデートがあるごとに小まめにしていたのが逆に悪い結果になっていたのかもしれません。システムの調子が悪いと感じたら、新たに新規インストールしてから、一気に最新の環境へアップデートしてみるのが一番安定していて良いのかもしれません。

それにしても、今月に入って立て続けにSeagateの「Barracuda 7200.11」やバッファローの外付けHDDの4機種などにアクセス不能になるという、HDDメーカーにとっては致命的な障害が報告されてますね。

売れ筋Seagate製HDDに不具合、アクセス不能に ('09.1.17)
バッファローの外付けHDDに不具合 ('09.1.23)
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
My Book Studio Editionで10.5が起動不能?
2009.01.26 Monday 
OS X Leopard 
どうも!この2日間、慌ただしい週末を過ごしていたイラストレーターSenJ4でございます。

さて、週末に早速《 My Bok Studio Edition 1TB 》(以下MBSE 1TB)を購入してきました。
このMBSE 1TB HDDは既にMac専用に拡張(ジャーナリング)フォーマットされていて、Macの背面にあるFireWireポートのどちらかに挿し、HDDの電源をコンセントに繋げればあっという間にマウントされHDDアイコン「My Book」が現れて使用可能になり、とても簡単です。カンタンなんですが......



一応、先に写真だけご紹介しておきますが.....いやぁ、今回はいろいろとあって実に参りました!

金曜に買いに出かけようと思って計画してたら、前回エントリーで書いた「TVがオダブツ間近・・・」が、
その後に本当に「オダブツ」になり、ノイズ音しか出ないブラックアウト状態に陥ってしまいました。
どうも私はモニタ関係には縁が無いと言うか....仕方なく、映画とドラマ好きなTVっ子SenJ4はこれを機に、地デジ対応のTVまで購入せざるをえなくなり....泣く泣くMBSE 1TBとTVまで買いに量販店へGO!....
・・・・・・・・・・・
結局、昨年出た機種が今年の春に新機種に替わるという生産終了間近でかなり値引きされてたTVを勧められてしまい、小雪サンがCMに出てる液晶TVのVIERAを買ってきました。痛い出費だ!....でもね、半額です♪
しかし、他機種に比べても本当にくっきり色鮮やかで素晴らしいです!....で、タイトルのお話に移ります。

Leopard 10.5を新規インストール開始したのですが.....
いえ、以下の話は私の環境での事 であって、全ての方に共通する事とは言えないのでご注意下さい。
私は未だにG4 Mac(mirrored drive 1.25GHz)にFireWire400接続のLaCie HDDが2台という構成です。

現在使用中の2台のLaCie HDDは、G4Macの2つのFireWire 400ポートにそれぞれ挿していたので、不具合のある方を抜いてディジーチェーンでもう1台のLaCieに接続し、G4MacのポートをMBSE 1TB専用に1つ空けました。そのポートにMBSE 1TBをFireWire 800 → 400変換ケーブル(付属)を使って挿します。

これで電源をコンセントに挿せば自動的にONとなり、Finderに「My Book」というアイコンが登場してすぐ使えます。この場合でHDDの実際に使用可能な空き容量は 931.5GB程となっていました。

尚、MBSE 1TBには既にPDFのユーザーマニュアルと専用バックアップ用のソフト、ドライバなどのユーティリティがZip圧縮で格納されているので、これを別のHDDへコピーしておきます。と言うのも私の場合はHDDは常にいくつかのパーティションに切り、その中の1つを起動用ディスクとしてシステムを入れて、万が一に備えて別のHDDから起動出来るようにしています。

今回はMBSE 1TBを3つのパーティションに切り、1つにLeopardをインストールして起動ディスクにします。今後アプリやその他のファイルが増えても良いように、余裕を持って200GBに。
過去に、システム入れてたHDDの空き容量が無くなって、危険だぞ!というアラートが出た事あるのです。
システム用のHDDの空き容量は全体の半分程度は確保しておけば安定化に繋がるようですしね。
 ところがっ.....(*-.-)

Leopard 10.5を認識しないぞ....??
さて、まずは3パーティションを切った1つのディスクに新規インストールし、起動ディスクにしよう...
と試みたのですが、結論から言えば ダメ!でした。

2年前に買ったLeopard 10.5DVDからのインストールは出来ましたが、インストーラーを終了させ、起動用ディスクとして選択しても再起動後に「?」マークの点滅が出てしまい、何度トライしても起動ディスクとして認識されませんでした。つまり『システムはどこにあるのですかぁ〜?』と尋ねられてしまったのです。

再度、別のパーティションに新規インストールしてみましたが、同じ症状が出てしまい認識不能でアウト!
LaCieのHDDでは、問題無くLeopard 10.5のインストールも起動ディスクとしても機能しているのに....
原因は!? 

要は私のミスになるのでしょうけれど、LaCieと違いMBSE 1TBはHDDの外箱にもユーザーマニュアルにも記載されてましたが、OS Xの Tiger 10.4.11か、Leopard 10.5.2以降のシステムでしか互換性が無い?ようなのです。まさか0.2のVersion違いでシステムを認識しないとは考えてもいなかったのですが。。思いっきり時間のロスでした! .....と自分では結論づけてますが....
本当なんでしょうか??誰か教えて下さい。
だったら、現在発売中の10.5.6のLeopard を買ってくるしかない!? 
う〜ん、そこまで無駄なお金をかける気は無いので、残りの方法は1つ。

★10.5を問題なく起動できるLaCie に入れ直す .....しかないですね....
・・・・・・・・・・
結局、無事に動いてるLaCieの3つのパーティションの1つをLeopardにする事にしました。
インストール終了後も無事に再起動後に認識され、
Welcomeの表示後に情報を転送するウインドウも開き、指定通りに無事にデータ移行が完了!

後は10.5 ⇒ 10.5.6 へのアップデートすべく、ソフトウェア・アップデートをかけて更新をするだけなので、5項目(10.5GB)のDL終了後、アップデートに15分ほどかかって最新の使用環境に戻り、こうしてエントリーを書いてます。

WD社のMBSE 1TBは完全にデータ保存用&バックアップ用として使用することになりました。
これから、数100GBあるデータファイルの移行作業
.....鳴きそうだわ。(*-.-)_バタッ。
LaCie d2 Quadraにしときゃ良かったかなぁ....
皆さんのWD社のHDDではこのような症状は出て無いのでしょうか??

とりあえずこんな感じで終わった週末ですが、 My Bok Studio Editionの使用感は後日にします。

追記:1/29
原因が判明しました!G4G5も起動不可能です ⇒ こちらをご覧下さい
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(4) | -
Mac OS X 10.5.5で不具合解消?
2008.09.20 Saturday 
OS X Leopard 
最近の札幌の夜はTシャツではもう寒いくらいで、長袖に衣替えのイラストレーターSenJ4でございます。

ついこの間、Mac OS 10.5.5が出てインストールして数日使ってます。
今回のアップグレードは結構大きなもので色々と脆弱性や不具合が解消され安定化されているようですね。
中身の詳細は日本語解説されているこちらを ⇒ 主なアップデート内容

中には使用環境によってちょっと不具合も出ていると言う話も出ているようですが、私の環境では今のところ気づいた不具合点は見つかりませんが・・・
※更に「QuickTime 7.5.5」と「iTunes 8.0」に深刻度の高い脆弱性が発見されたようですが、待ちましょう。



ソフトウェア・アップデートでDownloadに1分弱。Install開始から終了まで4分。自動再起動が2度あってFinder表示に1分の計6分程で10.5.5がオープンしました。

そして自動ログインさせてあるMail Ver.3.5が開いて受信を始めます。なにかしら早くなったような気も?
グラフィック機能が大幅に向上したようで、全体的にアプリのパフォーマンスが向上した気がします。

アプリ使用感 :
《 Mail Ver.3.5 》
で、私は動作状況のウインドウを表示させているのですが、一番「おっ?変わった♪」と思ったのが、Mailを終了させる時の“...同期の環境設定を登録中”の完了スピードが劇的に速くなった事!
10.5.4時のMail 終了時に、私の場合は .Mac を使っていないのにも関わらず、この登録中のプログレスバーが10秒以上も表示され続けてすぐに終了しない!と言う状態でしたが、これが解決され一瞬で終了出来るようになったようなので嬉しいです。Macを再起動したい時なんかはイライラしてましたから。
.Mac(MobileMe)を使ってほかのコンピュータと同期する    〜 Mailヘルプより
.Mac を使って、お使いのコンピュータ間のメールアカウントを同期します(すべてのコンピュータに Mac OS X v10.4 以降が必要です)。また、ルール、署名、およびスマートメールボックスも同期できます。
《 iCal Ver.3.0.5 》
カレンダーに書き込んであるスケジュールなどの読み込みスピードが速くなり、全体にキビキビ感がアップ。

不具合解消か!? :
《 egbridge universal 2 》の安定!
既に開発・販売が終了となってしまいMacにはATOKしか存在しないIMですが、私は手放せません。

ただ10.5.4では、10.5の特有の問題でOS側と「egbridge」でうまく通信が出来てないため、いきなり通信が途絶え、日本語入力が勝手に英語モードに切り替わってしまう事が頻発していました。
これにはFinderでリネーム作業をする私には堪え難いものがありました。毎日必ず発症してました。
英字に切り替わった時は“かなキー”を押してもまったく反応せず、Finderメニュー上のアイコンをclickして表示されるはずの
「egbridge」のメニューが消えてしまいます。
で、仕方なく「ことえり」に換えるか、Finderを再起動かMacを再起動させるしか手はありませんでした。

だいたいそんな時の原因として、私は長時間Macを起動しっ放しで作業するため例のSwapファイルの肥大化が起こり、Mac自体の動作も重くなって来たなぁ〜と思った時で、それが起因している場合が多いですね。
ですが、10.5.5にしてからはそれが発症しなくなりました♪
こいつは嬉しい!通信が切れなくなったか!?まだ使えるぜ♪
更に、ブログエントリーする際のレスポンスも上がってる♪
編集する際に書き込み枠clickすると、いちいち文章内を読み込んでいたもたつきが無くなってますね!
またいつ発症するかわかりませんが.....今のところ快適です!

《 Photoshop CS2 》の文字周り!
本当はCS2はLeopardには完全対応していないので作業性がイマイチなのですが、ブログ用の画像加工編集にはよくLeopard上で起ち上げ使用しています。仕事用にはTigerを起動しています。
そのPhotoshopでの文字入力変換作業時の反応が良く、10.5.4よりはキビキビとしている感じがします。
-----
以上、数日使ってみての感想です。私が使っている分には他の部分で気になる所はまだ出ていません。
少しずつLeopardも安定をしてきている気がしますが、次々と脆弱性や不具合発覚があるので油断は出来ませんけどね。Snow Leopard以降もこうした機能強化や安定性を重視したアップグレードが続くのでしょう。
目新しい機能も嬉しいですが、仕事で使える安定度の高いTigerのように早くなって欲しいものです!
※尚、更新する前に必ず「アクセス権の修復」をしておきましょう!データベース読み込みに時間がかかると思いますが待つのみ!
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(4) | -
FLVを超簡単にDLするアプリならコレ!
2008.08.20 Wednesday 
OS X Leopard 
お盆過ぎたら.....一気に秋の気配が漂い始めたなぁ....と空の雲を見上げるイラストレーターSenJ4です。
秋と言えばMac♪...いえ、アート、映画、音楽の季節。今日はそんな季節に必須なアプリのお話。

私の親しい学生達がやたら音楽をケータイに取り込んでいるので、お金もかかるし大丈夫か〜?
と気にしてたんですが....やっぱ、買ってないんですね。無料で手に入れてるようです。....某掲示板で。
違法ジャンかよ〜!と本音は言いたいですが....止められないのが今のネット社会の怖さ。人間の本性!

パソコンでもFlash Videoを配信しているサイトはYouTubeを有名どころに他にも結構ありますよね。
そしてそのFLVファイルをダウンロードして、自由に観たり聴いたりしている方達が多いと思います。
FLVをダウンロードする方法もいろいろありますが、私の場合は面倒な事は嫌いな性格なので、FLVダウンロード専用サイトを利用したり、Safariの構成ファイル一覧からflvファイル(get_videoや.flv)を探してoption + ダブルクリックする....という手間がかかる方法は使いません。

《 RealPlayer DownloaderでFLVを超かんたん自動ダウンロード♪ 》

そこでMacには必須な《 RealPlayer Ver.11 》 に付いてくるDownloaderを使います。
RealPlayerは開けるフォーマットの種類も多く、Flash Video、WMV、QuickTime Movie、AVI、MPEG
まで開けるというかなり万能なプレーヤーですが、私のLeopardでのVer.10は早送りすると音が途切れたり、クラッシュしたり....と不安定でイマイチでした。でも、Ver.11 では Leopardでの安定性も増し、
更に便利な《 RealPlayer Downloader 》も付いています。使ってますよね!?
このアプリがまた本当に便利アイテム♪ FLVファイルを勝手に自動でダウンロードしてくれます。

Macを起動した際に、自動でRealPlayer Downloaderを開くように【ログイン項目】に設定しておくかどうか、RealPlayerをインストールする時に尋ねてくるので、チェックすればOK。
または後でDownloaderの環境設定を開いて、....【ログイン項目】に追加します にチェックを入れるのでも構いません。これでログイン時にDownloaderが自動的に開くので意識する必要はまったく無くなります。


 このアプリはユーザー<ライブラリ<Aapplication Support<RealNetworksフォルダにあります。

《 実際に使うと本当に便利♪ 》

後は目的のサイトへGO!するだけ。ページを開くと....
文字通りweb閲覧してる際、開いたページのFLVファイルを見つけて自動でダウンロードが始まります。
ページを開くと同時に再生が行われないサイトの場合は、再生をclickすればダウンロードが始まります。
ビデオは読み込まれるので時間がかかりますが、音楽ファイルなら短時間でダウンロードされます。
ただし、再生途中でページを閉じるとダウンロードがストップする場合があります。

データは一時的にキャッシュに蓄えられるので「ダウンロード(Download)」をclickすれば一瞬で指定フォルダへ保存されます。サイトによっては楽曲タイトルやアーティストがファイル名になっているのでラクです。click後に表示される「再生(Play)」をclickすればRealPlayerで再生されます。

ただし残念ながら、ダウンロードしたflvファイルにRealPlayerの特長であるイコライザー調整は不可能!
これってけっこう重宝してる機能なんですけどね....

私の場合は、QuickTimeでWMVを観る為に《 Flip4Mac 》 を入れ、FLVを観る為に《 Perian 》 を入れているので、QuickTime PlayerやQuick Lookで観たり聴いたりする方が多いですね。
QuickTime PlayerならRealPlayerと違って多少は低音や高音域の調整も出来るので便利ですし、
Quick Lookでならflvの動画や映像の無い音楽ファイルの再生も可能ですから、1ファイルずつclick選択しておけば、そのclickした順番で再生されるので便利ですよね。

iPodなどに音声ファイルのみ入れたい場合は、動画のFLVからMP3のみを再エンコードなしで抽出するMac用のアプリとして、BONNOH FRACTION 13 さんの《 iExtractMP3 》 が単にドラッグするだけで抜き出せるので、簡単でよろしいのではないでしょうか。


楽曲や動画などは確かにiTunesで30秒の視聴をした後などにお買いになるのが本当です。
実際、著作権に絡む場合が多いのでYouTubeではかなり頻繁に削除されていますからね。


実際かなり多くのサイトがありますよね。中には重いけど高画質な動画をアップしてるサイトもありますし、動画の音だってステレオ仕様になってたり、イヤホンで聴くなら十分....それ以上なサイトも存在します。
聴いた事の無いアーティストに出会えるというメリットも多いです。
そこまで画質や音質にこだわらなくてもイイと言う方や、カラオケの練習がしたい方?にはピッタリかも。
....こんなことを書いちゃって良いのかわかりませんが...ま、個人責任で!

洋楽であれば、海外のサイトでかなりの高画質動画もあったりするIMEEMとか、楽曲だけなら、なんと丸ごと配信されちゃっているアルバムもあるDEEZERなんかへ飛んで、アップロードされた動画や楽曲をDownloaderを利用しちゃうと....(・.・;) 邦楽のリンク集なんかにはコチラ とかアチラ とか。



特にDEEZERはサイト自体がFlashで作られているので早いですし、アルバムclickで最初から順番に自動で再生されて行きますが....イイのかこれって!?

by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(2) | -
Safari 3.1でSVGを見て遊ぼう!
2008.03.23 Sunday 
OS X Leopard 
前回、Safari 3.1に「HTML 5」のサポートが搭載されたエントリーを書きましたが、もう一つ気になっているグラフィックに関するサポート追加があります。ほとんど話題になっていないので興味ないかな?
それは次の2点。
・CSS イメージおよび<img>要素のSVGイメージのサポート追加
SVG拡張テキストのサポート追加

Safari3.0でSVG対応してたようですが、Safari 3.1でSVGがさらに拡張されたようです。
SVGについてはイラストレーターやデザイナーの人達は良くご存じでしょうが、一般の人にはほとんど知られていないでしょうし、作る事も無いと思います。SVGって一体なんの事?と言う人は下記を参照して下さい。
SVG について ※Adobe Help Centerから引用
Web 用のビットマップ画像形式(GIF、JPEG、WBMP、PNG)は、縦横に並んだピクセルによって画像を描画します。 これらの形式のファイルはサイズが大きく、1 つの解像度(通常は低解像度)にしか対応できないうえ、Web 上でネットワークに負荷をかける傾向があります。 一方、SVG は、シェイプ、パス、テキスト、フィルタ効果を使用して画像を描画するベクトル形式です。 SVG 形式のファイルはサイズが小さく、Web 上でも、印刷する場合でも、さらにはリソースに制約のある携帯機器でも高品質なグラフィックが得られます。 ユーザは、鮮明さ、明瞭さ、ディテールを犠牲にすることなく、画面上で SVG 画像を拡大表示できます。 さらに、SVG 形式はテキストとカラーの表示にも優れているため、Illustrator のアートボードに表示されているのと同じ画像がユーザ側でも確実に表示されます。
SVG 形式は XML に準拠しているので、開発者にとっても、ユーザにとっても多くの利点があります。 SVG 形式では、XML と JavaScript を使用して高度な Web グラフィックを作成できます。
SVG 形式のグラフィックでは、強調表示、ツールチップ、音声、アニメーションなどの洗練された効果を使用してユーザの操作に応答できます。
今回の追加サポートでネイティブでサポートしたのか?と、SVGファイルをSafariへドラッグしてみましたが.....プラグインを入れないと表示はムリでした。後ほど私のSVGファイルで遊んでみて下さいね。

元々SVGは、2000年6月にW3CとAdobe、Apple、HP、IBM、Netscape、マクロメディア、マイクロソフト、OASIS、サン.....などを含むW3Cのメンバー達が協力して作り上げた、次世代WebのXMLベクター・グラフィックス・フォーマットで、解像度に依存しない、拡大しても荒れないベクトル形式です。


ご存知のようにベクトル形式の「illustrator」ファイルはPostScript言語をベースに記述されています。
なので実際に描いているイラスト(いわゆるベジェ曲線)はソフト側でテキストデータに変換されてるので、
illustratorなどのソフトを持っていない人はエディターなどで開くことは出来ますよね。
ちなみにillustratorを持っていなくても、PostScript言語が記述出来ればイラスト描け.....素人にはムリじゃ!

このSVGファイルはillustrator 9以降で書き出せます。つまり画像では無くて、XMLをベースとしたオープンな言語の記述なわけで、あらゆる解像度でアートワークの画質を維持できる形式というわけです。



もちろんテキストだからと言っても、FinderでSVGファイルをルックアップしても何も表示されません。
また、JavaScript などのスクリプト言語を追加すると、SVG ファイルでさまざまな機能を実行できます。
マウスをONにすると色が変わったり、何かのアクションを起こしたり、インタラクティブなコンテンツの作成が可能になります。といっても、複雑な記述をイラストレーターの私がそこまでやる気にはとてもなりませんが。Webデザイナーさんならヤリごたえは十分でしょうね。

Web上で有名なベクトル形式と言えば、Flashでお馴染のSWFファイルがありますね。
SWFファイルもillustratorで書き出せますが、ラスタライズされてないSVGファイルは、画像にテキストを埋め込んでも、記述言語ですからそのテキストを選択したり、文字の検索、編集まで可能なのです。
しかも通常のillustratorの.aiファイルよりもファイルサイズが小さいのが特長です。
もちろんレイヤー属性もそのまま保持されてるので、illustratorで後から編集・保存も出来ます。

これらがGIF・JPEG・PNGなどのビットマップ画像と大きく違う点ですね。例えばjpgなら▼こうなります。



《 実際にSafari 3.1で見て▼ちょっと遊んでみよう♪ 》


さて、私のギャラリーサイトのサーバーにSVGフォーマットのイラストをアップしてみました。
下の「サンプルSVGファイル」と言う文字をクリックしてみて下さい。別ウインドウで表示されます。

サンプルSVGファイル
※尚、見る事ができない人は→ 日本語《 Adobe SVG Viewer 3.0 》最終版をインストールして下さいね。
 ページ下部にあります。対応OSはMac OS 10.1~10.4となってますが、Leopardも当然OKです。

▲ご覧頂けましたでしょうか?
ニャンコのイラストが表示されていると思います。でも単なる画像の表示だけではありません。(^-^)

《 隠し文字を見つけよう!》
さて問題:
1:中央の黒い鼻の部分に文字が書かれています。読めますか? (拡大すればすぐ読めます)
2:ピンクの耳の部分には、ある文字が書いてあります。さて、なんという文字でしょうか?
3:口の下にある文字とSenJ4の間にも文章が書いてあるんですが、わかりますか?(^-^)


下記の操作方法でいろいろ遊んでみて下さい。
《 操作方法:》
ズーム■「Command キー+クリック」するとマウスポインタのある位置がズームインします。
    「Command キー+クリック&ドラッグ」するとズームインする領域を選択
    「Command + Shift キー+クリック」するとズームアウトします
 パン■Option キーを押しながら SVG 画像をドラッグすると好きな場所へ移動できます。

小さい画像をドンドン拡大してみましょう!高品質なまま表示されますよ。
画像に書いてある文章も選択出来ます。文字上にカーソルを乗せて選択し、コンテキストメニューを開き、
>選択しているテキストをコピー を選んでから、エディターにでもペーストしてみて下さい!
耳の部分を選択コピーすれば何が書いてるかわかります。ちゃんとフォントとして認識される筈です。
画像上で文字検索をすると、ハイライトされます。
こうして、ちょっと目には見えない文章が書けたりします。...ってなんの意味があるんだか (^_^;)
※尚、画像にはSenJ4の著作権表記やコメントなどのメタデータも入っています。ソースにいろいろ...

《 SVGの活用参考サイト♪ 》
現時点でのSVGの有効な活用例は、地図です。携帯でも利用されていますね。私の使っているauケータイ、EZガイドマップのコンテンツなどに利用されています。例えば「災害時ナビ」では自分の住んでいる近くの“避難所マップ”を拡大縮小が可能な「地図ビューワ」で見る事が出来ます。→ EZガイドマップ

地図に限らず、直線・曲線などの幾何図形を扱えるベクトル形式ですから、ロゴやバナー・説明図・グラフ・ページのデザインなどはベクトルの方が扱いやすいですし、JavaScriptが書ければFlashのようにアニメーションも可能なので動くサイトも出来ちゃうわけです。
参考として下記のサイトは古いですが、SVGで作られてますので是非ご覧下さい♪
SVG Examples
JavaScript サンプル集/support/SVG/
 ※サイト自体がSVGなので「Option キー+ドラッグ」でサイトまる事パン出来ますよ!すげぇ^^

《 SVGの問題点・・・ 》
Web上にGIF・JPEG・PNG は、どのサーバーにでもアップロード出来ますが、SVGの問題点として....
・サーバー側がSVGに対応してないと表示出来ない点
たとえばこのJUGEMではSVGファイル自体のアップロードができませんし、別のサーバーにアップしてリンクを張って表示させようとしても画像が表示されず、青い枠に囲まれた「?」の画像になってしまいます。

・Web上ではまったくと言っていいほど一般には普及していない点
なにしろ、ブラウザーの巨人「IE」がSVGをサポートしていないのですから普及するはずも無いでしょう。
今後も独自の「VML(Vector Markup Language)」しかサポートしないのでしょうか?
いえ、確かモバイル用にSVG Viewerを開発中と言う話をどこかで見たような記憶もあるのですが....?

PDFを見るためのAdobe Reader や Flashのプラグインはかなり一般にも知られてきましたが、SVGを見るためのプラグイン《 Adobe SVG Viewer 3.0 》 自体がまったく普及して無かったのも原因です。
今後、ブラウザ(特にIE)側でネイティブサポートして行かなければスタンダードにはなり得ないでしょう。
※ Adobeはブラウザ側がネイティブ対応する事を始めたので、2009/1/1でSVG Viewerのサポート終了を決定しました。
Mac OS X用のSVG Viewerは2001年11月のバージョン3.0から開発停止です。来年からはDLできないと言う話もあります。


《 オマケ:SafariとOperaのSVG表示対決! 》
さて、既にMozillaやOperaなどのブラウザも対応してますし、Safari 3.1でさらにSVG表示が拡張されたわけですので、ネイティブ対応しているOpera 2.6での表示と、Safari 3.1に《 Adobe SVG Viewer 3.0 》を入れた場合の表示と比べてみましょう! 現時点でどれだけ違うのでしょうか。


ご覧のようにOperaでは SenJ4の文字が正確ではありません。Safariは指定したフォント種で表示出来ています。また、Operaではズーム&パンのショートカットが動作しないのでコンテキストメニューからのみ。
《 Adobe SVG Viewer 3.0 》に対応しているSafariがさらに使いやすくなっているのがわかると思います。
W3Cが標準として認めているのですから、Macユーザーの私達は今後のSafariの進化に期待しましょう!

さて、このSVGフォーマットがFlashやPDFのように浸透して、次世代Web画像形式のスタンダードになる日は果たしてやって来るのでしょうか!? ....マイクロソフトしだいか?
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(2) | -
先取り好きAppleがSafari 3.1に取り入れたもの 1
2008.03.20 Thursday 
OS X Leopard 
今回のSafari 3.0.4→ Safari 3.1のアップデート情報をみてたら、大きなものが2つありました。

その前に、Safari 3.0.4からSafari 3.1になって、みんながこぞって報告してるのがこれですね。
・SafariはウェブページをIE7と比べて1.9倍、Firefox 2と比べて1.7倍速く読み込みます。
...3.1から....というわけでも無い気もします。Firefox 2も表示は早いですよね、起動は遅いけど。
他にも同じWebKitを使用のシイラSunriseも、あとOperaも速いですもの。MacのIEなんて廃棄です。
うちの光回線ではもともと3.04の表示が早かっただけに、速度的にはSafari 3.04と3.1を比べても多少早くなったような気がする...かな?と言う程度ですね。Firefox 2の方が速い場合もありますしね。

 あとは、既にご存知でしょうがちょっとご紹介すると、
・アプリの安定性が改善された
・Webサイトの互換性が増した

  ※たまに落ちるサイトがあったりしたのが減ったようです。
・JavaScriptのパフォーマンスの向上
  ※他のブラウザと比較して最大6倍で動作らしい。
で、『ん?』と思ったのが一つ。私達がすぐに体感出来る機能として、
・タブ・バーのダブルclick!で新規タブが開かれる
試しにタブ・バーをダブル click!すると「名称未設定」タブが開かれて真っ白なページが表示される。
ま、私がコレを使うとすれば.....スクリーンショットを撮る時の白バックに利用するか、
Google検索する時に使う・・・くらいしか思いつきませんが...(^_^;)

《 先取り好きなAppleが取り入れたもの その1 》

今回の中で私が本当に興味を持ったのものが大きく分けて2つあります。
今回はそのうちのひとつ、未来のWeb環境を先取りした?感のある機能の装備です。

・CSS 3 Webフォントのサポート
  ※私には意味がよくわからないです。今のCSSはレベル2だそうですが、レベル3とはなんでしょう?
CSS 3 Webフォントを採用したSafari 3.1なら、Webデザイナーは、標準テクノロジを使って、Web用フォントだけでなく、好きなフォントで、すてきなWebサイトを作成できます。Safariは自動的にカスタムフォントを使用しているWebサイトを認識し、必要に応じてダウンロードします。※Apple〜Safariより

HTML 5<ビデオ>と<オーディオ>要素のサポート
 ※私はHTML 4に準拠したギャラリーサイトを運営してるんですが、HTML 5ってなんのこっちゃ??
と調べてみると次世代のHTML標準になるかもしれないものだそうな。

「HTML 5」ドラフト、W3Cが公開  〜ITmediaから
 World Wide Web Consortium(W3C)は1月23日、次世代HTML標準「HTML 5」の初期草案(ドラフト)を公開した。一般ユーザーから意見を募集し、改善につなげる。
 HTML 5は、HTML 4との互換性を確保しつつ、動画・音楽の埋め込み機能や、Webアプリケーション開発の簡易化、ブラウザ互換性の向上に向けた仕様などを盛り込む予定。2010年9月にW3C勧告として公表する計画だ。
 HTML標準規格のメジャーバージョンアップとしては、1997年12月にHTML 4が公開されて以来となる。W3Cは2000年に新標準としてXHTMLを勧告したが、後方互換性が低いなどといった問題からあまり普及しておらず、W3Cは07年3月にHTML作業部会を設置。GoogleやApple、Microsoftなどが参加し、
HTML 5の仕様策定を進めてきた。
つまり、テキスト以外の埋め込みタグの種類が増えるそうです。Flashなどのプラグインを使わずにHTMLにオーディオやビデオを埋め込む2つのタグをサポートしてます。今までは「画像 = imgタグ」、音声・ビデオ・Flashなどを埋め込むには「objectタグ」を使っていましたね。
それが「HTML 5」になると「動画データ = videoタグ」「音声データ = audioタグ」となり、さらに、画像や動画・音声に説明文を添えるために「figureタグ」も追加されたそうです。

今のWebサイトはブログ形式がメインだし、2000年にXMLをベースにHTMLを定義し直した
「XHTML」が主流になって来てはいるけれど、実際はHTMLで書かれているサイトがほとんどですよね。
私も実際、専用ソフトでは無く手打ちタグで書いてるわけなんですが、HTMLってシンプルで、素人にも書けるタグだし、ちょっとアバウトに書いても、例え間違ってしまってもブラウザが融通を利かしてくれてそれなりに表示してくれますからね。それに比べるとXHTMLはちょっと扱いにくいですものね。

先取り好きAppleはSafari 3.1にそれを標準装備してしまいましたが、まだ2年以上も先の話のようです。
ただ現時点では「HTML 5」がこの先どうなるのか....はなんとも言えない状況です。が、
WHATWG という団体にAppleも在籍していて「HTML 5」の開発を是が非でも推進したみたいですね。
「HTML 5」でのサイト構築になったとしたら、おそらくは今のブラウザの中では何かにつけてイマイチなのにユーザー数が多い IE 6, 7 での対策に苦慮するのでは?と言われてるようですよ。
ブラウザによって表示がマチマチってのはホント困る。しかし、なぜIEは独自路線を行くんだろうね....??

「HTML 5」の詳細に関しては下記のサイトをご覧になると理解が深まると思います。
《 HTML 5はユーザビリティにもSEOにも効く新次元の規格 》

・SQLデータベースにおけるウェブアプリケーションのためのオフラインストレージのサポート
 ※これはブラウザ上で実現される簡易SQLデータベースで、今までサーバ側に保存していたデータをブラウザ側で蓄積し検索できるようになるそうな。こういうのに疎い私にはなんの事だかさっぱりですが、確かにSafariの環境設定でこんなものが追加されてますね。3.0.4にありましたっけ?


次回は、Safari 3.1に取り入れたもの その2 について書いてみます。得意分野のグラフィックに関して。
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(6) | -

W E L C O M E !
《 イラストレーターSenJ4のブログ 》

I'm Mac User♪

 follow us in feedly
            ページランク
札幌在住の広告・出版業界で活動している
Macを愛するプロ・イラストレーターです
元々は広告業界のG・デザイナー上がり

幅広いタッチを求められる広告業界で鍛え
られ、水彩画・女性イラスト・キャラクタ
ー・イラストマップや建築パース・鳥瞰図
まで広告使用された作品をGalleryで公開中
▼Galleryはコチラ


《 SenJ4オリジナル 2 SHOP♪ 》

iPhone/iPodケース・トレーナー
 マグカップなどのアイテム専門♪
グッズShop

▼オリジナルTシャツ専門♪
TシャツShop

《 SenJ4の超オススメMac SHOP♪ 》

ロス在住日本人オーナーMac専門店
Macパーツメモリが超激安です♪


▼お世話になってます!
Macブログ大集合!




WeatherEye

プライバシーポリシーについて
New Entry
SEN CHARA
《 SenJ4オリジナルグッズBlog 》


ニャンコTシャツ
★漫画家・野間美由紀さんオーダー



《 愛まっくんシリーズ 》Tシャツ
★5カラーのバリエで好評発売中♪

▼マクプー_MP01(MEN'S)


▼マクプー_MP02(MEN'S)


▼愛まっくんPeople


▼愛まっくんPeople_W

SenJ4's Works♪


▲札幌すすきのでやたら目に付く看板! 有名な飲食店ビル『桂和ビル』と専用駐車場で使用されています。是非!

遠い叫び
遠い叫び
■SenJ4がカバーイラストを担当した
記念的な探偵推理小説の単行本。

▼Mac OS専用の2ゲームパッケージ
エアブラシで描いた記念的作品!
ビリヤード
ビリヤード

麻雀
麻雀

SenJ4's Recommend


ロリポップ!
▲《 ロリポプラン 》月額263〜が
容量50GBにパワーアップ♪
しかもお値段変わらず!安すぎっ!
SenJ4もロリポユーザーです♪
3つの1GBロリポブログも付属♪


★チカッパプラン 登場!
120GB大容量で月額525円!
マルチドメイン、SSH対応
5つの1GBロリポブログが付属♪
WordPressも設置カンタンだよ


ムームードメイン
▲こんなに安く独自ドメイン取れる所他に無し。アート系なら.comがオススメ!
ロリポ系列レンサバで使いましょ♪


heteml
▲クリエイター驚嘆256GB容量!
Flash Media Server2、ColdFusion が
標準でプリインストール♪
動画のストリーミング配信もできます!


マイフィギュア
▲コレはリアルなフィギュアです!
彼氏彼女の写真があればそっくりな
ミニチュア人形を創ってくれます♪


▲軽く月129円のライトプラン
ちょいとプレミアムな200GB!
なんとSSD360GB専有の6プラン
さくらブログも設置済み!


Color Me Shop! pro
 ▲電話サポートもあるよ〜
イラスト作品やポストカードを
オシャレなカートで販売してみよう!

For Creators♪

▼SenJ4が暴露する業界の話!
illustratorになりたい人へのコラム
illustratorのためのコラム

★フリーランスの求人サイト紹介★

SOHOじんざい市場
▲クリエイティブに特化の求人サイト!
本気で仕事を見つけたい人は必見です!


★SenJ4のオススメの本を紹介★


イラストレーターの仕事
プロとして知っておきたいノウハウ



イラストを描く人のための
デジタル制作術



デザイン、現場の作法。
デザイン力を鍛える仕事術



クリエイティブ業界に就職するための
ポ-トフォリオの教科書

魅力あるポートフォリオの作り方


クリエイターのための
アートマネジメント 常識と法律

トラブル回避のために!


イラスト手習い帖
えんぴつ1本ではじめる

イラストは落書きから始まるんだ


デザインの教室
手を動かして学ぶデザイントレーニング


Recommend♪


MyBook
▲イラスト作品集や写真集を作れます!
スライドショーの公開も出来ますよ〜♪

Recommend Books♪
Appleサポートページ

Category
Comment,Thanks!
Useful Links
Past Voice
Powered
ブログ内 検索!
About Me...
Mac my using it now!




▼リンク用バナー・ご自由に♪


▼ニャンわんの里親です♪
猫とMダックスのブログ
Only Master





■当ブログのオリジナルイラストの
無断転載・引用・使用を禁じます。
全ての著作権はSenJ4に帰属します
(C) illustclub All Right Reserved.



Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

PAGETOP