イラストレーターSenJ4のブログ■女性イラスト・水彩画・キャラクター・建築パース/鳥瞰図・公共工事イラストなどGalleryで850点以上の幅広いタッチを掲載し、イラスト制作を承り中!素材集もOK♪
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Mac Proがようやくアップデート!
2017.04.05 Wednesday 
Mac Proの話 
こんにちは!お久しぶりのSenJ4【@senchanfine 】でございます。

本日、2013年末に発売されたMac Proが3年ちょいぶりに中身をチョットだけアップデートして来ました!

★Quadコアが6コアになり、GPUがAMD FinePro D500へ。
6コアが8コアになり、GPUがAMD FinePro D700へ進化し、価格はほぼ一緒。



これはAppleお得意のチョットだけおトク感出して在庫整理!と言う感じでしょうか(笑)

でも、現在新しいMac ProをRethinking(再考)しているそうですよ!
つまり新しいデザインでまた生まれ変わるかもしれません♪


現在Appleでは一生懸命取り組んでいるチームがあるそうです。それも僕ら本当のプロ達のために!
しかも最高機種としてのハイスループットなデスクトップ・システムにすると意気込んでいるようです!
いいっすね〜〜!本当にAppleの真価を出して欲しいものです。

やはり、完全に結合されたMac Proの筐体では制限が有り、定期的にアップデートが出来ないようです。
2個のGPUを使うという並列処理設計も(Appleが想定していたものより)イマイチだったようですし。
内部拡張性が全く無いので、僕らもいじれるところがほとんどないですからね。
次回のMac Proではその拡張性(アップグレードのしやすさ)を考慮したものにしたいそうですから期待したいですが・・・。 筐体 四角に戻せ!(^_^;)

と言っても今年のものではありません。出るとしても来年になるそうです....。
また待つのか....?と思ってしまいますが、2013年末に出た当初は「ゴミ箱」と散々言われてましたが、そう簡単には創れないでしょうから、今度はどんなデザインで出してくるのか、否か?楽しみですね。



つまり今回のアップデートは、新しいMac Proを出すまでの「繋ぎ」と言う訳です!

Appleの考えでは、現Macユーザーの30%はプロの人達。
プロの業界と言っても、映像・グラフィクス・フォト・アート系などクリエイターは様々ですから、それらの業種のプロ達を全て満足させられるようなデスクトップを創りたいようですよ。

そんな人達も、使っていたMac Proを捨て、MacBook ProやiMacへ移行している事も事実でしょう。
Mac Proユーザーなんて、今じゃほんの数%しかいなくなってるようですし....悲しい。
だいたいデスクトップの選択肢が無さ過ぎるのも問題だとSenJ4は思ってますが。。

iMacの新型は今年には出るでしょう。しかもプロレベルな構成にするらしい。。
でもMac mini....はどーなんだろうか??
ま、iPhone以外で頑張ってくれるチームの健闘を祈って、じっと待ちましょう!!(^-^)
ではまた!

参考:The Mac Pro Lives より(英語サイトだよ)

※追記;
書き忘れましたが、Appleが久々にAppleブランドのDisplayを出します!新Mac Proと同時期でしょうね。
ただし..,,SenJ4の予想では、コレ映像製作者向けの色味になると踏んでます。
グラフィクス、つまり印刷向けの色味ではないんじゃないか....と思ってます。
一般の人は知らないはずですが、モニタの色味と印刷インクの色味は全く違うので、モニタで見た色がそのまま出る訳ではありません。そのためにはそれ用のモニタが必要とされるわけで、だからEIZOのモニタをSenJ4も使ってるのです。
そこんとこ要注意かな。もちろん、映画など映像メインの人にはお勧めになると思います!(^.^)b

追記2
こちらの記事も参考にどうぞ!
「Appleがチラ見せ......新しいMac Proのコンセプトとは」


---------------
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | - | -
旧Mac ProにSSDをSATA IIIで装着するカードとドライブマウンタ
2014.05.23 Friday 
Mac Proの話 
こんにちは!お久しぶりぶりなMac ProユーザーのSenJ4【@senchanfine】です。
今日はMacユーザーの中ではマイナーな旧型Mac Pro話を・・・

旧型Mac Proはまだまだ使える!と、新型Mac Pro Late 2013に手を出されてない人も多いでしょう。
うん、それなりに高いから(汗;)。というよりも、内部拡張性が無い!ってのが悲しい部分ですね。
外付HDDや周辺機器を新たに揃えると、全部ケーブル数珠繋ぎでデスクの上がえらい事になったりします。
でも、SATA IIインターフェースの旧型Mac Proに比べると、CPU性能と画面の描画力にはヨダレものです。

と言う事で僕は2012年から起動だけでも速度アップしたくて、SATA III 接続出来るPCI Expressカード上にSSDを乗っけて、起動ディスクにしているわけです。これでMacやアプリの起動は劇的にアップ!
データ保存用には4台の内蔵ドライブベイ&外付HDDを使用しています。
やっぱりHDDを内蔵出来るのはデスク上の場所取らないし、換装できるし、とっても便利なんですよね。

何度も紹介してますが、僕が使ってるのはAPRICORN Velocity Solo x2 - Extreme Upgrade kitで、これにSSDを載せて使ってます。
何しろSATA 6.0 Gb/ sで動作可能になるので、旧型Mac Proユーザー全員へオススメのカードです。



このカードには内部接続用 SATA III コネクタも一つ装備されていて、同時利用可能なのです。
つまりもう1台SSDを用意してコネクタに接続してドライブベイに装着すれば、そのSSDもSATA 6.0 Gb/ sで動作します。カードを介さずに内蔵ドライブベイにマウンターでSSD装着してもSATA IIインターフェースなので速度は半分ですから、こちらの方が本来のSSDの速度が出るはずです。
さて2台目の電源供給と接続をどうするか、なのですが・・・

《 SATA III PCI Expressカード1枚で2台のSSDを接続する方法 》


《 Vintage Computer 》さんのYouTubeチャンネルで、ドライブベイにマウントする際の SSD取り付けキット(¥3,480)の手順が紹介されました!




これをご覧になればよくおわかりになると思います。
少し残念なのはカメラアングルが今一つ接続部分を捉え切れていない...というところでしょうか。(^_^;)

旧型Mac Proユーザーは新型移行するまでこのカードで凌ぐのも良いかと思います。

参考記事→ 「 Velocity Solo x2をMac Proへ装着する手順 」
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
Mac Proの出荷が4月へ遅延!しかも法人リース契約20%OFF・・・?
2014.02.12 Wednesday 
Mac Proの話 
こんにちは!旧Mac ProユーザーのイラストレーターSenJ4【@senchanfine】です。


悪いニュースです!Appleの新・Mac Proはいまだに需要が多くて供給体制が追いついていないようです。
ついこの間に2月から3月へと出荷が延びた時に、僕のブログエントリーでこんな事をつぶやいてたのですが
▼Mac Proは2月→3月出荷になったか・・・
「このまま推移すると・・・2月20日頃には4月出荷になるんじゃない!?(笑)」

現実でした!笑い事では無くなりました。



以下のようにMac Pro発売発表から毎月のように1ヶ月ごと遅れています。
・昨年の12月19日夜の受注開始で1月出荷。
・数時間時計の針が進んだ12月20日で、2月出荷へ!
・同じく1ヶ月後の1月20日に、3月出荷へ遅延!
・そして1ヶ月も経たない2月11日には、4月へ遅延!


なんと言う事なんでしょうね。常に2ヶ月先。
アップル工場の組立の人手が足りないのか、パーツが用意出来ないのか・・・??
これじゃ先に入手したダフ屋が、Ebayで価格を2倍にして売ってもすぐ売り切れてしまうのも頷けます。
ところが・・・


《 Mac Proはビジネス・カスタマーを優先させている? 》

▼9to5Macより
As it struggles to keep up with demand, Apple offering discount on Mac Pro lease program.....

しかもAppleは、ビジネス・カスタマー(いわゆる僕ら一般消費者ではない法人顧客)向けに、米国内でのみ
アップル・フィナンシャル・サービスを通して最高20%OFFでの24ヶ月リース契約を提供しているそうな。
法人 = 大口注文なわけで、25,000ドル以上の注文の場合だそうです。日本円で250万以上になります。

尚、追記しておきますが、僕はMacをリースで契約した事は何度かあります。
 この場合、減価償却しなくても月々の経費として最終的に全額落とせると言うメリットがあるからですね。
 またMacは、Apple Storeで個人ではなく、ビジネス用として営業さんから購入しております。
 多少の値引きもありますし。(^_^;)

ま、映像関連の企業であれば大量導入をするでしょうからよくある値引きですが、大きいですね。
今のところ米国内の特定企業向けの通知をしているようですが、これって、大口の企業を優先させてしまうと
僕ら一般ユーザーの手元に届くのが遅くなるのは目に見えてます。極少数のユーザーのみなのか?
今Mac Proをオーダーしても2ヶ月先って話は過去に聞いた覚えがありません。

とは言え、すぐに買うと言う人は別として、落ち着くまではヨダレ垂らして待ちますか (*'ー'*)/


おそらく夏頃には一息つくのではないかな・・・ ??
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(2) | -
Mac Proは2月→3月出荷になってしまったか・・・
2014.01.21 Tuesday 
Mac Proの話 
こんにちは!今年初エントリー、やっと冬眠から目覚めたイラストレーターSenJ4【@senchanfine】です!みんな元気かぁ〜〜!(^-^)/


《 Mac Proが3月出荷へ遅延とは驚きだ・・・ 》



しかしこの新しいMac Proって、2013年12月末までに手元に届いた人っていったい何人いるのでしょ?
Late 2013と言われてるけど、違いますね完全に。Early 2014だ!


昨年の12月19日の受注開始で1月出荷。たった数時間時計の針が進んだ12月20日で、すでに2月出荷へ延びました。そして、何と言う事でしょう・・・同じく1ヶ月後の1月20日には なんと3月出荷へ遅延!

需要と供給の差が激しいね。受注に生産ががまったく追いついてませんね〜。やはりオーダーした人達はカスタマイズしまくりだから、Apple工場の人達もそれぞれのオーダーを組み立てるのに大変なんでしょうね!
このまま推移すると・・・2月20日頃には4月出荷になるんじゃない!?(笑)


僕はまだMac Proの実機を見てません。
第一の理由は、「見たら欲しくなるから」!(^^ゞナハハ。
到着レビューだってほとんど見かけないし、使用感とか実際デスクに置いた感じ、とか知りたいですね〜。
熱血マカーの野間美由紀さんのエントリー見てから考えます。
いつかはゲットしますが、今使ってるMac Proでなんら不自由してないので様子見ですね。
おそらく10年間 Mac Proはこの形だろうから、中身のパワーがアップして行くだけだと思いますしね。


___話は変わり。

SenJ4は本当に冬眠してたのか!?

3週間、まったくブログも更新ぜず、twitterもしておりませんでした。ツイート見る事もあまり...

すると・・・19日にブログのツイート数がひとつ増えてる事に気づきました。遅い!



は、はいっ...(汗;)...ちなみに僕、SenJ4です。4...

今回、Jackさんのリクエストにより、何かエントリーしないとマズイ!?...と思ったわけでは無いですが
こういうリクエストは心が震えますね。ありがとうJackさん♪(*'ー'*)/

冬眠では無く、年明けから雪かきde汗かき三昧しておりました。もう〜ハンパ無いですよ、札幌。(*-.-)...


 ※雪かき、毎日90分間活動です。ダイエット&筋力アップに最適! か?
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
グラフィックユーザーのMac Proはどれを選べば良いだろうか?
2013.12.28 Saturday 
Mac Proの話 
どうも!12月で丸4年間Mac Proを使っているイラストレーターSenJ4【@senchanfine】です。

以前のエントリーでも書いてますが、新しいMac Proにはオーダーが殺到して生産が追いつかない、という
需要と供給のバランスが崩れているそうです。
当日予約した人でさえ来年1月のいつ出荷されるのかも未定だし、半日後には2月に出荷!と遅延しました。

だからか、当初12月25日までのAppleローンも2014年2月28日まで特別金利期間が延長されましたね!
もうすでにYouTubeでは開封の儀が続々とアップされてますし、本当にパワフルなMac Proに仕上がって
驚嘆の笑い?も上がってるほどです。Appleロゴシールもブラック仕様っていいね!



以前Apple StoreでMac Pro購入時に聞いた話では「12月には売れる」のだそうですよ、Mac Proって!

ハイエンドなMac Proユーザーは買い替え時期が難しい。毎年のように新機種は出ませんから(笑)
でも安定性と数年耐え得る処理能力を始めから備えているので、そんなに買い替える必要性も無し。
最初にかかるコストは大きいですが、元々拡張性が高いので、後からメモリやストレージ、Graphic Cardを足したり入れ替えたりすれば長く使用可能だからです。そして今回の魔物的Mac Proは更に長寿命。

高価格帯のMac Proを即買うのは、3DCGや映像制作・編集のプロ、Photoshop&Lightroomで重い作業をバシバシするフォトグラファーやグラフィックデザイナーのプロ、Appleマニア、Macマニアのブロガー達がほとんどでしょう。僕が思うに、今回のMac Proの目玉は「GPUの性能 ×2枚」かな。

Macでの通常の作業に、ここまでのマシンを個人レベルで欲しがる人はそうそういません。
ハッキリ言えば、グラフィックだけやるならオーバースペックなのは言うまでもありません。
特に12コアなんて・・・ま、手が出ませんけど(^_^;) 今使用中のMac Proで十分だし。
と言っても、手にしてみたいのがMacユーザーなんですけどね!困ったもんだ。


《 SenJ4が仕事用に選ぶ最小構成を考えてみると・・・ 》


Macの初期ロットはいろいろと問題が浮上してくる可能性もあるのですぐに飛びつかないのが信条です。
実際発売日に購入した事も無く、既に「Mac Pro EFI ファームウェア・アップデート」も2回出てますし...
様子見してからの方が良いと思いますが、マカーとしてはそうも言ってられないって所でしょうか (*'ー'*)

仕事で使うマシンとしては、CPU・メモリ・Graphic Card・ストレージなど全体のバランスが大事です。
上を見ればキリが無い。無駄にコストをかけ無い為にも自分に見合ったMac Pro構成を考えてみると・・・

■CPU
CPUに関しては、僕のように2Dグラフィック作業をメインにしているユーザーは、コア数を競うよりも、CPUのクロック周波数が高い、4コアの3.7GHzクアッドコアで必要十分です。

コア数が多いほど高速に実行できると言われるPhotoshopがメイン使用ですが、4コアより12コアのMac Proで作業したからと言って、3倍高速処理出来ると言うわけでは無いので、費用対効果に見合いません。
僕はたまに趣味レベルで動画の編集作業なんかもしますが、それでも3.7GHzクアッドコアで十分です。

■Graphic Card
今回のMac Proで一番スゴイと思ったのは、Graphic Cardです。しかも2枚も搭載。
お宝さんのMac Proベンチマークの数値を見ても一目瞭然。この恩恵は大きいですね!
Graphic Cardに関しては、通常CMYK350ppiの広大な作業領域で制作する事を考えると、できるならデュアルAMD FirePro D500 GPUを選びたい。モニタ上の描画処理性能は高いに越した事は無いからです。

■メモリ
それに伴い必要なのがメモリ増量ですね。これは容量の大きいメモリを搭載すればするほど、Mac Pro全体のシステム・パフォーマンスがアップしますし、メモリ食いのPhotoshopも恩恵が得られます。
16GBが基本ですが、メモリは後から自分で換装出来るので予算ができた時点で32GB・64GBへ増設も可。
予算の都合がつく最大限の容量を載せてあげたいですよね、超高速1,866MHzのメモリは高価ですが。。

■ストレージ
内蔵のフラッシュストレージはSSDの2.4倍の読み書きができるとのことですが、これはスゴイ性能!
実際に僕のSSDでの計測と比較すると本当に倍になっているようです。
Mac ProをVelocity Solo x2 でSSD起動しスピード計測!

内蔵フラッシュストレージの容量は1TB欲しい所ですが、まだまだ高い。
自分で換装可能ですから、サードパーティから発売されれば安価に買えそうな気もしますしね。
でも1台だけ搭載で、増設できないってのが残念!

まだ高価なThunderbolt での外付けストレージが今後安くなり、メインのHDDになってくる事を考えると、フラッシュストレージは512GBでいいかな?
それを2つのパーティションに分けて、一つは起動用、残りはPhotoshopの仮想記憶ディスクとして使用。
僕の旧Mac Proには5台のストレージが内蔵されてるので、ターゲットディスクモードで使ってデータ保存用にする・・・と、こんな構成で行ってみるかな?

 以上の構成でMac Pro組んだ場合、¥399,401(税込)となります。やっぱ40万はかかるね。(^_^;)

■その他必須な周辺機器
Mac Proには電源しか付属してませんから、ケーブル類やキーボード&マウスは今までのものを使用するか新規に買うかです。現在使用しているApple製以外のモニタに繋げる場合のことも考えなくてはなりません。
Thunderbolt 2に既存のFireWireのHDDを繋ぎたい場合はアダプター必要です。

■ちょいと気になる点・・・
内部拡張性が切り捨てられて、Thunderbolt 2やUSB接続の周辺機器が数珠繋ぎになる可能性は否めない、
それぞれの周辺機器繋がって見栄えが悪くなる気がする。コードだらけは好きじゃないな。
増設するストレージ類は横置きスタイルにしないとダメ?デスク上の置き場所に困ってくる可能性もある。

タワー型Mac Proと違ってデスクに直置きすると、底面からホコリを吸い込みやすそうなので、ジャッキアップする台座が必須かな?アクセサリーで出てくるだろうけど。

あと、30万越えは経費で落とせないので、減価償却するしかない。(^_^;)

気になってる事がもうひとつ。 パワーボタンが背面というのは使いやすい??
----

・・・う〜ん、もう買う気でいるかのようなエントリーになっちゃったな、ゴホっ(^_^;)
いやいや焦る事は無い。もう新しいMac Proは当分出ませんから、5年は余裕で使えるでしょうしね。
あ、もちろんCPUなどのアップグレードはあるでしょうけどね。


★Mac Proに関するAppleからの情報はコチラを参考に!
Mac Pro サポート

by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | - | -
Mac Pro late 2013用メモリ64GBがお買い得!
2013.12.22 Sunday 
Mac Proの話 
どうも!イラストレーターSenJ4【@senchanfine】です。

新しいMac Proのメモリはより高速化され、従来の1333MHzから1,866MHzで駆動し、最大64GBの搭載になりました。Appleに言わせると「最も負荷のかかるタスクも飛ぶような早さで処理出来ます」とのこと。



確かになんと言っても高速なメモリを大量に搭載した方がパフォーマンスがアップするのは否めません。
32GBや64GBが当たり前になってきましたが、円安の影響もあってコストもそれなりにかかります。

Appleでは32GB(8GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC は¥52,00064GB(16GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC は¥135,200でCTO出来ますが、やはり64GBはかなり高価格。
少しでもコストを下げたいのなら、↓コチラで購入して自分で換装した方がAppleのCTOよりもお買い得!

《 Macのメモリがお買い得だ! 価格情報 その5 》

激安メモリでお馴染《 Vintage Computer 》さんで予約受注が行われ、来年1/3から出荷開始予定です!

尚、12月23日(月)までは、下記メモリなど全商品10%オフになっています!
会計時に10%割引された金額が表示されますよ。以下、12月22日現在の価格です。

新・Mac Pro late 2013専用メモリ価格。(→ )内は10%オフ価格。
・64GBキット(16GB x 4)1,866MHz DDR3 PC3-16000 ECC ¥99,800(→ 89,820)


・32GBキット(8GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC ¥49,800(→ 44,820)
 尚、現時点でこのページ本文の表記が64GB 240pin...と誤表記されていますが、8GB x 4 =32GBです。



旧機種だって、まだまだ行ける!新Mac Proに手を出せない人もメモリアップでパフォーマンス・アップ!
Mac Pro Early 2009, Mid 2010, Mid 2012用メモリです。(→ )内は10%オフ価格。

・64GBキット 16GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC¥89,800(→ 80,820)
 尚、本キットの利用には、OS X Marvericks 10.9以降が必要です!

・48GBキット 16GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC¥68,000(→ 61,200)

・32GB キット 8GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC¥37,000(→ 33,300)

・16GB キット 4GBx4 DDR3 PC3-10600 1333MHz ECC¥21,800(→ 19,620)

 それにしても、円安でメモリも高騰しちゃったなぁ...(・・;)

by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
新Mac Pro受注開始後、半日で出荷は1月→2月になった!
2013.12.20 Friday 
Mac Proの話 
どうも!お久しぶりな旧Mac ProユーザーのイラストレーターSenJ4【@senchanfine】です。

ついにAppleからの筐体は小さいけどビッグなクリスマス商品が発売されました!
Proユーザーが待ち焦がれていた、全てを一新したAssembled in the USAのMac Proの登場です。
今やApple製品はカリフォルニアでデザインされても、組立はChinaですからね。



Mac Proの組立をアメリカ国内で仕上げた逸品!こいつぁ売れる!はず。
まるでiPhone 5s並の人気のようで、即ポチ!したユーザーが多かったみたい。

既に発売直後にオーダーが殺到したのか、受注に生産が追いつかないのか、1月出荷だったのが、たった半日過ぎた時点で全世界で2月出荷になってしまいました!(゚〇゚;) 恐るべしMac Proユーザーの熱望!




...と言うか、もうこの先10年くらいは新しいMac Proは出ないから!?(笑)
Mac Proで初日に2ヶ月待ちなんて過去に無かったでしょ!?Macでも無いか?

僕も欲しいんですけどね〜、熱血Macユーザーで漫画家・野間美由紀さんのように即ポチ!したい。
ただねぇ...先に買いたい高額なモノがあるんですよね。
...なんて、Mac Proどうするかを考えてる内に、出荷が2ヶ月後になるなんて想像してませんでした!
なんか勢いをそがれた感じがして、テンション下がっちゃったなぁ・・・(・・;) 実物触ってみたいけど。

Appleローンも2014年2月28日まで特別金利期間延長だし、来年4月には消費税がアップするのもあって
買うなら今でしょう!というユーザーも多いのでしょうけど、Appleさんホクホク笑顔でしょうね!(*'ー'*)


ところで、Mac Proにはキーボード&マウスは付属しないのが、ちと寂しいですよね。
Maid in USA仕様でブラックのMac Proキーボード&マウスを作ればいいのにさ!(^_^;)


★もうMac Pro late 2013ゲットした人!
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
New Mac Pro 2013は秋深し・・・
2013.08.19 Monday 
Mac Proの話 
こんにちは! とってもお久しぶりなクリエイターSenJ4【@senchanfine】です。

例年お盆過ぎには涼しくなる札幌の夏も、今年は後半から暑くなったり、激雨降ったり、変化が激しいです。
僕はいろいろ多忙で結局大通りビアガーデンにも行けず、ブログの更新も1ヶ月近く滞ってましたが、
もうイラストの仕事もぜ〜〜んぶ終わったので、やりたいことが出来るゼロ状態です。

そんな中、もうすぐAppleのイベントが近づいてますが、iPhoneやiPad関連は...もう見飽きました(笑)
ハードよりもiOS 7とmavericks の方に興味があるので、早く試して遊んでみたいですね〜!

--- で、久々のエントリーは何度か書いてますが、 やっぱりMac Proの話で!(^_^;)



何と言っても、僕にとっての今年登場するApple製品の中で一番のニュースと言えば...
現Mac Proの約1/8サイズのクレイジーなマシーン「New Mac Pro」です。

ジョブズからT.CookにCEOが変わってからプロユーザーが長く待った本当に「初の新製品」ですから。
あのG5時代からまる10年、ほぼ変化の無かった筐体デザインも中身も全く新しい最新の技術をてんこ盛りに詰め込んで挑戦してきたAppleには、まず拍手を贈りたいです。(^.^)b



そんな「New Mac Pro」が今秋にも出そうだ!とか言う話もMacRumorsで出ていましたが、次世代のCPUと載せるパーツ類のリリース後、Mac Pro用に十分な供給量を得る事が出来るまではなかなか発売日も価格帯も決まらないのでは?と僕は考えていたのですが・・・
実際の発売はもう札幌にも雪が降っている頃かなぁ〜?とも思ったりします。
【4/8 過去記事】新Mac Pro(late 2013?)が遅れている理由・・・とは?

そうそう、「New Mac Pro」はモニタが無けりゃタダのゴミ箱(笑)なのでThunderbolt Retina Displayも同時期にリリースしちゃったりするのかな?パネル問題があるからキビシイ?
----

さて、何と言っても一番の関心事は、皆さんNew Mac Proの「価格」でしょう!?

Appleがプレビューで公開したスペックは最上位機種のMac Proなのかどうか不明ですが、いったいどのくらいの発売価格になるのか? 現時点公開スペックでの予想では5000ドルくらい、と言う意見が多いですね。
日本では発売時のレートによって変わるのでしょうけれど、安くても488,000円くらいかな?(妄想中)
おそらくいくつかのバリエーション、最下位機種を出して買いやすくして来るとは思うのですが・・・?

でも、これにメモリを追加したり、旧Mac Proユーザーの場合はもうFireWireが無いので新たに周辺機器を揃え直したり、内蔵HDDも無いので外付けHDDを買い足したりする場合もあって、さらに金額が上乗せさせられちゃうので、実質70万〜...になったりするかも・・・という予想もあります。
もう中古車がラクに買える金額かぁ。。(*-.-)_ムム。 車がいいな♪

「New Mac Pro」はUSB3.0とthunderbolt 2です。僕のMac ProなんてUSB2.0&FireWire!
それと外付HDDの他に、内蔵HDD4つと内蔵SSDが1つ入ってるので、このデータ保存の問題は大きいです。
せっかく小さくなった「New Mac Pro」でスペースが空いても、机の上は周辺機器が占領しそう。。

価格が高いと言うのがネックだけど、要は僕にはハイスペック過ぎてもったいないってのが本音です。
仕事には今のMac Proで十分だし。。てことで、僕は様子見でしばらく過ごしますね、きっと。
【6/23 過去記事】新Mac Proにリプレースした際に起きる問題を考えると・・・

発売後のレビューは、熱血Mac Proユーザーで漫画家の野間美由紀さまにバトンタッチですっ!
よろしこ〜〜〜 (^_^;)/ あ、ニャンコTもそろそろ着手です〜!

by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(0) | -
新Mac Proにリプレースした際に起きる問題を考えてみた・・・
2013.06.23 Sunday 
Mac Proの話 
こんにちは!旧Mac ProユーザーのクリエイターSenJ4【@senchanfine】です。
WWDC後も仕事が多忙でエントリー更新が遅くなってしまいました。今日からヒマです!(*'ー'*)

---今日は新Mac Proについてと、もしも購入する場合に気になる点を妄想してみます。



新しく年内に発売されるMac Proの話に驚いたWWDC 2013でしたが、やはり彼らがMac Proを見捨てず、時間をかけてPro用のマシンを創ってきていたんだとあらためて示してくれた事が嬉しかったですね。
久々にAppleらしい他社に真似出来ないアドバンテージを見せ付けてくれたと思います。

前回のエントリーでプレビュー的に紹介しましたが、日本語のページも先日公開され、目を通してみると
新Mac Proは完全に「プロ向けのスペックを追求したPro用Mac」です。いわゆる高額な高級車です。
一般の方々には必要の無いほどのオーバースペックなので、買う選択肢にはまず入らないと思います。
狙っているのは 映像関連・フォトグラファー・デザイン業界などパワーと安定性を望むプロの人達です。
仕事では数秒の速度差でも大きいからです。そしてMac Proファンの方々でしょう。

《 新Mac Proのデザイン・・・ 》

これはもう好き嫌いの問題では無くて、うまい事考えて設計されてるとしか言い様がないほどの内部デザインとスペックですね!
筐体の外観を含め、もう● ▲ ■の基本形の集合体のような整然とレイアウトされた美しいデザインです。


先の時代を見て、5年使っても十分使える最新のパワフルなパーツをギュウギュウに詰め込んでます。
おそらくそう来るだろうと予想してた通り、内蔵HDDもSuperDriveもFireWireも取っ払いました!

なにせ過去のMac Proにとらわれず、思い切り内部の拡張性を切った。内蔵すると言う考えを捨てたのです。
後からユーザーの手で新たに追加出来るような中身の構成では無くなりましたが、失ったわけでは無いです。
USB 3と超高速転送のThunderbolt 2HDMI 1.4ポートで全て外付けの拡張性へとシフトしました。
その分、Mac Proの筐体を驚くほどコンパクトにリビルド! う〜ん、やってくれますAppleさん。





僕はMacデビューがピザボックス型の「llci」ですが、その後は全てタワー型のMacオンリーでした。
どんどん筐体がデカクなってましたが、今回はタテ21.5cm、直径16.8cmのしかも円柱です。
正直言えば ここまで小さくするとは全く思いませんでしたね。しかも速そう!


CTOがどうなるのか不明ですが、敢えて自分の手を加えようとすれば、出来るのはメモリの追加くらい?
僕の旧Mac Pro early 2009は4 Coreモデルでメモリは16GB(DDR3 1333MHz ECC)ですが、
本体スペック上1066MHzで動作してます。これがDDR3 1866MHz ECCになり60GB/sのメモリ帯域幅になると言うのですからねぇ...



SSDはもう1つくらい行けそうな気もしますが・・・? Appleで買うとお高い… (^_^;)
ストレージの速度って本当に違いを体感出来るので、読み書き高速なSSDは仕事には必須です!



GPUも2つも搭載、しかも専用VRAMが最大6GBのAMD FineProのワークステーションクラスなわけです。
…描画パワーすご過ぎませんか?カードのグレードに因るけど GPU2つも要るの?...(^_^;)



ただ、このプレビューされた新Mac Proの構成は最上位機種の場合なのかな?という気もしてます。
現行のMac ProにはQuadcore・12core・serverの3構成をベースにCTOで追加するカタチになってます。
なので新Mac ProもCPUのクロック数などこれより性能を落とした下位機種もあるのかもしれません。


《 実際に新Mac Proにリプレースした際に起きる問題・・・ 》

実際に手にするかどうかは別問題として、もし新Mac Proに入れ替えるとすると、考えなきゃならないのは現行Mac Proに接続されてるHDDなどの周辺機器です。

発売になるまで他の仕様が判りませんが、今の時点で推し量ると、新Mac Proにはストレージが1つしか載せられないのであれば、CTOで大容量のSSDを選択出来るとしても高額でしょう。
ならば内蔵のストレージはOS起動用をメインにし、作業ファイル保存は別HDDなどにせねばなりません。

特にThunderbolt対応のHDDはまだまだ高価なので新規に購入するほど余力は無いですから、僕のMac Proに詰め込んだ内蔵HDD 4台+内蔵SSDを生かさなきゃならない!えぇ、中身は拡張しまくりですから。

さて、今まで使ってきたモニタ・外付けHDD、内蔵HDD+SSD、内蔵SuperDrive…などの機器をどう料理するか!?ですね。最近のMac Proユーザーなら売却して新Mac Proを購入される方も多いでしょう。

でも僕は・・・過去にMacを手放した事はありません。仕事で使いまくって愛着あるので全て保管です。
新Mac Proに入れ替えてもいろいろつぎ込んでる現行Mac Proを売却する事はしないので、そのまま使う?
いや、ファイル保存用にHDDが必要なのでターゲットディスクモードにして繋げる、のがベストでしょう。

ただし、現行Mac ProではFireWire接続だけど、新Mac ProにはFireWireが無くなってる…(・・;)
て事は、接続するには新たにThunderbolt 2に対応した「Thunderbolt 2 - FireWireアダプタ」が必要になるってことか・・・現行の変換アダプタはThunderbolt 2に対応してないだろうし、発売待ちかな?


それと外付けHDDは3台ともFireWire接続なのですが、新Mac Proには無いので、取り急ぎ読み書き遅くなるけどUSBで繋いでおくか、Thunderbolt 2に対応したFireWire変換アダプターで繋ぐか?のどちらかでしょう。

追記:コメントで教えてもらいましたが複数のFireWire機器ならThunderbolt hubで一発ですよね!
例えば▼The Belkin Thunderbolt Express Dock for Mac!など。




パッケージ版のアプリを再インストールする時にSuperDriveが必要になるけど、新Mac Proには無い。
旧Mac Proをターゲットディスクにしてあればその心配も無いけど、先にディスクイメージファイルにして保管しておくのがいいかな。もう今やアプリはオンラインだし、CD取り込む事も無いし、SuperDrive要らない。

モニタは…買い替えてもイイかもしれない。資金があれば、ですが。

あと・・・フト思いましたが。
現行Mac Proの前面にあるイヤフォン・USB・FireWireポート、電源ON/OFFはけっこう重宝してました。
僕はイヤフォンで聴いたりもしてますし、USBにiPhoneやデジカメなどを接続する際に重宝してたのですが。新Mac Proはポート類が背面に集中レイアウトされてるので、ちょっと不都合があったりするかもですね。

それと、電源!今でもタコ足配線なのに新Mac Proを更に繋げられるか・・・が問題だな..umm

 考えると新Mac Proの筐体だけでなく、周辺機器にもある程度の出費がかさむ、という結論ですねぇ…

《 新Mac Proの置き場所は机の上に・・・! 》

Mac Proを床置きしてるユーザーも多いでしょうが、新Mac Proの置き場所は、デスクトップです。
当たり前の話ですが、今回の筐体はコンパクトになってますが、「吸気と排気」の問題があります。

TOPに挙げてる比較写真を見ればお判りになると思いますが、吸気は筐体下部のスリットからされます。
なので床などに置くとけっこうホコリやゴミを吸い込みそうですよ。
特に僕のように長毛種の犬や猫を飼ってらっしゃるSOHOユーザーは気をつけましょう!(^_^;) 
デスクの上でも高さのある台に乗せた方が良いかもしれません。旧Mac Proには「足」付いてますしね。

そして筐体上部から熱を持った排気はファンで排出されます。なのでMac Proの上には何も置けません!
ただこれだけ大きめの穴が開いてるのでホコリに気をつけ、マメにお掃除しないとダメかもです(笑)
わ〜ん、掃除嫌いなんだよねぇ〜 (:-_-)

----
こうして発売前から妄想するのが楽しい新Mac Proですが、どれくらいの価格で、どれだけ売れるんだろう?
ま、トータルで生産するのでパーツ自体の価格は、単体パーツを買う価格よりも安いはずですが、Californiaで生産する人件費もあるので、10年前の中古の軽自動車が買えるくらいにはなりそうですね。

Macは僕がデビューした頃は一般向けでは無くて、もう涙出そうなくらい高くて高くて100万越えるの当たり前でしたから、それに比べれば現行のMacは安過ぎて涙出ます(笑)
でももう安いMac価格に慣れ切った今の僕には、この新Mac Proはちょっと高いだろうなぁ・・・

ちなみにtwitterでもやり取りさせて頂いてるMacな漫画家・野間美由紀さんは 買われるそうです♪(*⌒ー⌒)
「今のMacが3年経つのでちょうど買い替え時」なんだそうです!
レビューが楽しみです!「一緒に買いましょう!」と言われちゃいましたが・・・あはは(^_^;)

僕は敢えてすぐに手を出すつもりは今のところ・・・実際僕の仕事を考えるとまさにオーバースペックな感が否めませんので、しばらく皆さんの使用感を拝見しながら、コツコツ耐え忍ぶ姿が目に浮かびまする。。

と言いながら、Mac Proの筐体実機を目にしたらドーなるのは僕にもわかりませんけどね。

---さぁ、今年後半に出ますが SOHOでやってらっしゃるフリーランサーの方達はどうするのでしょうか?
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(6) | -
新Mac Proがモンスターに変化して今年後半に登場する!
2013.06.11 Tuesday 
Mac Proの話 
おはようございます!旧Mac ProユーザーのイラストレーターSenJ4です。

もうたっぷり2時間のWWDC 2013基調講演見ましたが、OS XもiOS 7秋の発売が楽しみです!
それよりなりより、予想通り新Mac Proが大きく変貌を遂げて登場する事が明らかになりました! 
もう見た目も中身も怪物です。

真の新製品・Mac Proが登場・・・!



新・Mac Proは魔法瓶です。サイズは9.9インチ×6.6インチの円筒形!
第4世代のtouchをタテに2台重ねたくらいで、幅は現行Macの3分の2程です。持ち運び可能…かな?
とっても小さくなって中身はギッシリ凝縮されて、拡張性は犠牲になってますね、おそらく。

中身に何も入れられない程ギッシリっす!マジで。SSDオンリー!Thunderbolt 2搭載。
1866MHz DDR3メモリが60GBps!4KDisplayが3つ繋げられるとか。
とにかくこんなロボットみたいなハイスペックなパソコンはどこにも無いでしょうね。

 ▼気になる背面の端子系統のレイアウト・・・ う、美しい...



そして中国製では無く、US Californiaで製造されます。当然でしょう!



ちょうどこの大きさくらいのSONYのスピーカーが手元にあったので比較すると・・・こんな感じ!
タテが3cmほど、幅が6cmほど足りませんが・・・



スペックの詳細はApple Mac Proページにプレビューされていますのでご覧下さい。
以前の僕のエントリーも参考になると思います。
新Mac Pro(late 2013?)が遅れている理由・・・とは?

 ----取り急ぎの画像を基調講演のショットとAppleサイトからお借りして・・・(^_^;)
最下部に実機展示の動画も載せてますよ♪


 ▼CPU







 ▼メモリ







 ▼ストレージ







 ▼グラフィック





 ▼Fan





 ▼ビデオ



 ▼Thunderbolt 2搭載




お宝さんで実機展示の映像ですよ♪(^-^)


-----
う=ん、いったいこれはなんなんだ!??
早く実物にお目にかかりたい物です。
ただし、相当な価格になるのは間違いないでしょうね….(^_^;) 
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(2) | -

W E L C O M E !
《 イラストレーターSenJ4のブログ 》

I'm Mac User♪

 follow us in feedly
  広告・出版業界で活動中の札幌在住
Macを愛するプロ・イラストレーター
元々は広告業界のG・デザイナー上がり

本家イラストGalleryでは、女性イラスト
水彩画・キャラクター・イラストマップ
建築系など広告使用された作品を公開中
▼Galleryはコチラ


《 SenJ4オリジナル 2 SHOP♪ 》

iPhone/iPodケース・トレーナー
 マグカップなどのアイテム専門♪
グッズShop

▼オリジナルTシャツ専門♪
TシャツShop



▼お世話になってます!
Macブログ大集合!




WeatherEye

プライバシーポリシーについて
New Entry
SEN CHARA
《 SenJ4オリジナルグッズBlog 》


ニャンコTシャツ
★漫画家・野間美由紀さんオーダー



《 愛まっくんシリーズ 》Tシャツ
★5カラーのバリエで好評発売中♪

▼マクプー_MP01(MEN'S)


▼マクプー_MP02(MEN'S)


▼愛まっくんPeople


▼愛まっくんPeople_W

SenJ4's Works♪


▲札幌すすきのでやたら目に付く看板! 有名な飲食店ビル『桂和ビル』と専用駐車場で使用されています。是非!

遠い叫び
遠い叫び
■SenJ4がカバーイラストを担当した
記念的な探偵推理小説の単行本。

▼Mac OS専用の2ゲームパッケージ
エアブラシで描いた記念的作品!
ビリヤード
ビリヤード

麻雀
麻雀

SenJ4's Recommend


ロリポップ!
▲《 ライトプラン 》月額250〜が
容量50GBにパワーアップ♪
しかもお値段変わらず!安すぎっ!
SenJ4もロリポユーザー♪

スタンダードプランはこちら
120GB大容量で月額500円〜
マルチドメイン、SSSL・SSH対応
WordPress設置も超カンタン!


ムームードメイン
▲こんなに安い独自ドメイン他に無し
アート系なら.comがオススメ!
ロリポ系列レンサバで使いましょ♪


heteml
▲クリエイター驚嘆256GB容量!
動画のストリーミング配信も可能!


マイフィギュア
▲コレはリアルなフィギュアです!
お祝いや記念日にミニチュア人形♪


▲軽く月129円のライトプラン
ちょいとプレミアムな200GB!
なんとSSD360GB専有まで6プラン
さくらブログも50個まで!


Color Me Shop! pro
▲イラスト作品やポストカードを
オシャレなカートで販売してみよう!

For Creators♪

SenJ4が暴露する業界の話!
▼ illustratorになりたい人へのコラム

illustratorのためのコラム

Recommend♪


MyBook
▲イラスト作品集や写真集を作ろう!
スライドショーの公開も出来ちゃう♪

Recommend Books♪
Appleサポートページ

Category
Comment,Thanks!
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    カリー (11/27)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    senJ4@管理人 (11/25)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    カリー (11/25)
  • au iPhone5sのテザリング無料キャンペーンでの勘違い・・・
    カリー (11/25)
  • スケッチをデジタル化する《 iSketchnote 》が面白いかもしれない!
    SenJ4@管理人 (06/02)
  • スケッチをデジタル化する《 iSketchnote 》が面白いかもしれない!
    とめ (06/01)
  • LINEスタンプ・クリエイターの報酬に魅力はある・・・?
    u1 (04/09)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    SenJ4@管理人 (03/12)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    トッポギ (03/11)
  • LINEスタンプ・クリエイターの報酬に魅力はある・・・?
    SenJ4@管理人 (03/02)
Useful Links
Past Voice
Powered
ブログ内 検索!
About Me...
Mac my using it now!




▼リンク用バナー・ご自由に♪


▼ニャンわんの里親です♪
猫とMダックスのブログ
Only Master





■当ブログのオリジナルイラストの
無断転載・引用・使用を禁じます。
全ての著作権はSenJ4に帰属します
(C) illustclub All Right Reserved.


★Come back to Sapporo!

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

PAGETOP