イラストレーターSenJ4のブログ■女性イラスト・水彩画・キャラクター・建築パース/鳥瞰図・公共工事イラストなどGalleryで850点以上の幅広いタッチを掲載し、イラスト制作を承り中!素材集もOK♪
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< これはハートフルなかわいいワンコ・アニメだ♪ | main | iTunes 11.0.3のミニプレーヤー&アートワーク・・・ >>
スポンサーサイト
2018.05.09 Wednesday 
- 

一定期間更新がないため広告を表示しています

by 言いたい放題のイラストレーター スポンサードリンク | - | -
Adobe CS 6でCSシリーズの開発中止!定期課金開始!
2013.05.07 Tuesday 
Macなアプリ 
こんにちは!ビックリクリクリのAdobeユーザーのクリエイターSenJ4です!

ついにAdobeが結論を出したようです!定期課金の強行手段です!(*-.-)/oh!

《 新しいCreative Cloudは6月18日に日本公開・・・ 》



本日5月7日午後1時からMaxカンファレンス速報イベントが配信されます!
※追記:ゆっくりと2時間40分見ましたが、これは見た方が良いです!CCの各アプリは素晴らしいと思いますね〜。

現地時間5/6に行われたAdobe のMaxカンファレンスで現行のCS 6でCreative Suiteのブランド名は消えてしまい、「CS」→「CC」と変更になり、Adobeのソフトウェアは全てネットワーク上にある新しいCreative Cloudのスタートを持って行なうようです!
つまり今後は、CCアプリケーションの新機能や今後提供される製品アップデートの多くがCreative Cloudへのアクセスを必要とします。

techcrunchより、現時点Creative Cloudでは50万の有料ユーザーと200万の無料ユーザーを集めているとのことで、Creative cloudの責任者Scott Morrisの話では、「Creative Cloudが意外なほどの好評だったので、Photoshop、Dreamweaver、PremiereProなどアプリを個別に開発、販売することを止め、ネット上のCreative Cloudに一本化し連続的なアップデートを行い、ビジネスもCreative Cloudに一本化することを決断した」とか。

ついに来たかっ!と言う感じですが、完全なる定期課金のビジネスモデルとなります。
もう手元に残っているパッケージ版かDL版しか、いざと言う時には使えなくなります。
パッケージ版も買えず、CS 6のDL販売もその内に終了です!ただし、終了時期はまだ未定。

《 現時点での決定事項・・・ 》


・CCアプリケーションはCreative Cloudのみにて提供。
 ※CS 6製品は引き続き販売(パッケージ版は店頭在庫限り)およびサポートされます。
・今後Creative Suiteの新バージョンをリリースする予定は無し!CCへの完全移行。
 ただしCS6のアプリ全種類を、OS XとWindowsの今後のアップデートには対応させるとのこと。
 CS6以外の旧バージョンはOSのバージョンアップによっては今後動かなくなる可能性有り。
・バグフィクス、セキュリティアップデータも必要に応じ継続するが、新機能の追加は一切無し!
・定期課金制への転換を容易にするため、CS3以降のCSライセンスの保有者に対してCreative Cloudを月額
 3000円の特別料金で提供(初年度のみ・期間限定)
・また同様の割引をPhotoshopなどの単体ソフトの購入者に対しても適用する




《 一部のCreative Cloudに乗り換えることができないユーザーへの対応は... 》

CC版の一部の機能、Behanceコミュニティーでのコンテンツ共有やクラウド・ストレージ機能などを好まない(利用を許されない)政府機関や学校、一部の大企業などの対応として、Creative Cloudの特別ライセンス版を用意。ソフトをオンライン配信する点は同じだが、クラウド機能を削除してある、との事。
-----

Adobeサイトでも発表がされています以下、Adobeのレターから!



本日、米国のAdobe MAXイベントにおいて、アドビはさらなるビジョンを打ち出しました。数百の新機能を擁する次世代のクリエイティブアプリケーションを発表し、Creative Cloudの新しいサービスの数々と緊密に連携することをご紹介しました。これらのアプリケーションやサービスにより以下のワークフローが可能になります:

・頻繁にアップデートされるアドビのクリエイティブツール群にいつでもアクセスできます
・デスクトップPCやモバイルデバイスなど、複数のデバイス間でコンテンツや環境設定、スタイル、
 カラー、フォントを同期できます
・共同作業をする相手や、お手本となる憧れのクリエイターと繋がることができます
・制作のどの段階においても作品を共有し、コミュニティーからフィードバックを受けることができます
・エキスパートによる効果的なトレーニングを受けることで、自身のスキルを大幅に向上できます


また、今回発表したクリエイティブツールとクラウドサービスの統合を強調するため、アドビのクリエイティブアプリケーションの呼称を変更することにいたしました。Creative Cloudに統合されたアドビの次世代アプリケーションは、「CS」から「CC」へと進化します。新たなCCアプリケーション、たとえばPhotoshop CC、Illustrator CC、InDesign CC(まだまだ他にも多数の製品があります)は、さまざまなクラウドサービスと連携して、クリエイティブ制作をどこにいても思い通りに行い、共同作業をするパートナーや広大なクリエイティブコミュニティーと容易につながることを可能にします。
Creative Cloudについて米国Adobe MAXで発表された内容を、日本のお客様にお伝えするオンラインストリーミングイベントについてはこちらをご覧ください。
Maxカンファレンス速報イベント



・・・クリエイターの皆様においてはあらゆる疑問や不安を一時は引き起こしてしまうかもしれませんが、この変革が今後のクリエイティブ業界の発展に大きく貢献すると硬く信じています。
ご不明な点については、下記のリンクをご覧ください。

Adobe Creative Cloud

----
Adobeはユーザーがいきなりの発表で戸惑うのを承知で、Adobe自身もかなりの冒険だと認識した上での
いわば強行採決!と言う感じでしょうか・・・まぁ、時代の流れもあるのでしょうけれどね。(-_-)

CC移行だけど、僕としてはフォトショとイラレに関して言えば、もう完成されたアプリを定期購買するカタチのプランは必要なくなってるなぁ...(^_^;)
でも、アーカイブのMaxカンファレンス速報イベント見てみましたが、CCへ移行したくなっちゃいますね。


さて、皆さんの反応はいかがなものでしょうか・・・?
by 言いたい放題のイラストレーター SenJ4 | comments(4) | -
スポンサーサイト
2018.05.09 Wednesday 
- 
by 言いたい放題のイラストレーター スポンサードリンク | - | -
コメント
再びお邪魔します。
本格以降がいつからになるのか(CS6の配信の完全停止がいつになるのか)こころもとなくなってきた感じでしょうか。
取り敢えず近いうちにCS6を押さえておこうとはおもってはいますが、そこから先の結論はまだ出そうにありません。
【2013/05/08 8:16 AM】 warabie |
とうとう来ましたね。
個人的にはIllustrator, Photoshop, InDesignが動けばいいのですが…どのアプリも機能的には必要十分ですし。
CS6はもう押さえているので、CCへの移行はCS6では対応しきれなくなってきた時に考えるくらいです。とりあえず、向こう3年くらいはAdobe税は払わなくて済みそうです。

ただ、未だにCS5.5がメインなんですよね〜。CS6に完全移行ができるか怪しかったりします(- -;)
【2013/05/08 11:38 PM】 ピョン吉 |
>warabieさん
店頭の在庫販売はすぐにも無くなりそうですが、DL販売はAdobeなので行なうので当分は...1年くらいは持ちそうですけどね。
僕はCS5なので、どうするか悩みどころですが。。
【2013/05/09 12:17 AM】 SenJ4@管理人 |
> ピョン吉さん
僕は単体でも良かったんですがCSにしてしまったので、
CS 5がMacで動かなくなるまではこのままかなぁ...??
デザイン業界自体、様々なバージョンですからねぇ...CS6ってところが周りではそんなに多くない。(笑)

でもCCは完全にプロ向けですね。
機能やアプリの連携などは素晴らしいモノがありますし、
クリエイターとしては移行すべきだとは思っています。
【2013/05/09 12:22 AM】 SenJ4@管理人 |
お気軽にコメントをどうぞ♪(尚、リンクの記述は弾かれます)





 


W E L C O M E !
《 イラストレーターSenJ4のブログ 》

I'm Mac User♪

 follow us in feedly
  広告・出版業界で活動中の札幌在住
Macを愛するプロ・イラストレーター
元々は広告業界のG・デザイナー上がり

本家イラストGalleryでは、女性イラスト
水彩画・キャラクター・イラストマップ
建築系など広告使用された作品を公開中
▼Galleryはコチラ


《 SenJ4オリジナル 2 SHOP♪ 》

iPhone/iPodケース・トレーナー
 マグカップなどのアイテム専門♪
グッズShop

▼オリジナルTシャツ専門♪
TシャツShop



▼お世話になってます!
Macブログ大集合!




WeatherEye

プライバシーポリシーについて
New Entry
SEN CHARA
《 SenJ4オリジナルグッズBlog 》


ニャンコTシャツ
★漫画家・野間美由紀さんオーダー



《 愛まっくんシリーズ 》Tシャツ
★5カラーのバリエで好評発売中♪

▼マクプー_MP01(MEN'S)


▼マクプー_MP02(MEN'S)


▼愛まっくんPeople


▼愛まっくんPeople_W

SenJ4's Works♪


▲札幌すすきのでやたら目に付く看板! 有名な飲食店ビル『桂和ビル』と専用駐車場で使用されています。是非!

遠い叫び
遠い叫び
■SenJ4がカバーイラストを担当した
記念的な探偵推理小説の単行本。

▼Mac OS専用の2ゲームパッケージ
エアブラシで描いた記念的作品!
ビリヤード
ビリヤード

麻雀
麻雀

SenJ4's Recommend


ロリポップ!
▲《 ライトプラン 》月額250〜が
容量50GBにパワーアップ♪
しかもお値段変わらず!安すぎっ!
SenJ4もロリポユーザー♪

スタンダードプランはこちら
120GB大容量で月額500円〜
マルチドメイン、SSSL・SSH対応
WordPress設置も超カンタン!


ムームードメイン
▲こんなに安い独自ドメイン他に無し
アート系なら.comがオススメ!
ロリポ系列レンサバで使いましょ♪


heteml
▲クリエイター驚嘆256GB容量!
動画のストリーミング配信も可能!


マイフィギュア
▲コレはリアルなフィギュアです!
お祝いや記念日にミニチュア人形♪


▲軽く月129円のライトプラン
ちょいとプレミアムな200GB!
なんとSSD360GB専有まで6プラン
さくらブログも50個まで!


Color Me Shop! pro
▲イラスト作品やポストカードを
オシャレなカートで販売してみよう!

For Creators♪

SenJ4が暴露する業界の話!
▼ illustratorになりたい人へのコラム

illustratorのためのコラム

Recommend♪


MyBook
▲イラスト作品集や写真集を作ろう!
スライドショーの公開も出来ちゃう♪

Recommend Books♪
Appleサポートページ

Category
Comment,Thanks!
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    カリー (11/27)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    senJ4@管理人 (11/25)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    カリー (11/25)
  • au iPhone5sのテザリング無料キャンペーンでの勘違い・・・
    カリー (11/25)
  • スケッチをデジタル化する《 iSketchnote 》が面白いかもしれない!
    SenJ4@管理人 (06/02)
  • スケッチをデジタル化する《 iSketchnote 》が面白いかもしれない!
    とめ (06/01)
  • LINEスタンプ・クリエイターの報酬に魅力はある・・・?
    u1 (04/09)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    SenJ4@管理人 (03/12)
  • iOS 7の壁紙を創るのが更に楽しくなる・・・!?
    トッポギ (03/11)
  • LINEスタンプ・クリエイターの報酬に魅力はある・・・?
    SenJ4@管理人 (03/02)
Useful Links
Past Voice
Powered
ブログ内 検索!
About Me...
Mac my using it now!




▼リンク用バナー・ご自由に♪


▼ニャンわんの里親です♪
猫とMダックスのブログ
Only Master





■当ブログのオリジナルイラストの
無断転載・引用・使用を禁じます。
全ての著作権はSenJ4に帰属します
(C) illustclub All Right Reserved.


★Come back to Sapporo!

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。

PAGETOP